JAXA、日本初の月面着陸へ 2018年度にも無人機打上げ

印刷

   宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本初の月面着陸を目指す無人の小型機を2018年度に打ち上げる計画を進めているという。月面の環境や資源を利用できるか調査する構え。政府の宇宙政策委員会が正式決定すれば、文部科学省が関連費用を16年度予算の概算要求に盛り込む見通しだ。日本経済新聞などが伝えている。

   計画案では、月面探査機「SLIM(スリム)」を小型ロケット「イプシロン」で打ち上げる。無人機の月面着陸は旧ソ連、アメリカ、中国が達成しているが、目標地点に対し数キロの誤差があった。スリムは誤差を100メートルまで縮め、ピンポイントで目標地点に軟着陸する技術を実証する。

   07年に打ち上げた月周回衛星「かぐや」が月面に縦穴を見つけており、スリムはこの中への着陸も目指す。縦穴は月内部を探る手がかりでもあり、将来の有人探査の際には基地になる可能性もあるという。

   05年には小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワに着陸したが、重力は小さかった。月のような比較的重力の大きい天体への着陸は初めてとなる。将来の火星探査も見据え、技術の蓄積につなげる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中