マクドナルド、客離れ阻止へ「スマイル0円」復活 「バリューセット」刷新

印刷

   使用期限切れの鶏肉や異物混入の問題で客離れが止まらない日本マクドナルドは、鶏肉に野菜を練り込んだチキンバーガーなどの新メニューを2015年5月25日から投入、セットメニューではフライドポテトに加えて、サラダやスイートコーン、チキンナゲットを選べるようにする。5月21日に発表した。健康に配慮したメニューをそろえることで、女性や家族連れの来店を増やしていく。

   また、一部店舗のメニューの掲示板から消えていた「スマイル0円」の表記を復活させ、全店で笑顔の接客をアピールする。

   価格体系もこれまでの1円単位から10円単位に見直す。代表的なメニューの「ビッグマック」のセット価格は現在の669円から670円にわずかながら値上げされるが、すべてのメニューの平均価格は従来と変わらないという。

   持ち株会社の日本マクドナルドホールディングスの2015年1~3月期連結決算は、当期損益で145億円の赤字を計上。既存店売上高は、この4月まで15か月連続でマイナスが続いている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中