日本で16番目の車メーカー誕生 昔懐かしいオート三輪そっくりのEV車製造

印刷

   電気自動車(EV)を開発・製造するベンチャー企業、日本エレクトライク(神奈川県川崎市)は2015年6月8日、主力商品の三輪電気自動車について、量産のために必要な型式認定を国土交通省から受けた。型式取得は、1996年の光岡自動車(富山市)以来19年ぶり。日本では16番目の自動車メーカーの誕生となる。

   見た目が昔懐かしいオート三輪車にそっくりとあり、ネット上では早くも注目が集まっている。

  • 「三輪車の概念を変える」というエレクトライク(写真は日本エレクトライク社提供)
    「三輪車の概念を変える」というエレクトライク(写真は日本エレクトライク社提供)
  • 運転性に優れ、なおかつエコ(写真は日本エレクトライク社提供)
    運転性に優れ、なおかつエコ(写真は日本エレクトライク社提供)

「従来の自動車メーカーがやらなかったことをしたい」

   オート三輪車は安価で軽量、なおかつ悪路にも対応できたため1930年代から80年代辺りまで日本中を走っていた。しかし、軽自動車の台頭により衰退の一途をたどる。最後まで生産を続けていた東洋工業(現マツダ)、ダイハツも1970年初めまでには撤退し、現在では走る様子を見る機会もほとんどなくなった。

   2008年創業の同社はオート三輪車によく似た見た目の三輪EV「エレクトライク」を主力商品に据える。社長の松波登さんは大学卒業後、トヨタ自動車のワークスドライバーとして活躍し、モンテカルロ・ラリーにも出場したラリードライバーだった。

   なぜ三輪車で勝負を仕掛けたのか。J-CASTニュースの取材に対し、同社担当者は「ベンチャーなので従来の自動車メーカーがやっていないことをしたかったんです。ニッチ戦略ですね。三輪車はパンクしにくいし、新しいモビリティになりえます」と語る。

   生産はインドの大手メーカー、バジャジ・オートから車体を輸入し、電動自動車に改造する手法で試みる。13年4月より受注を開始し、15年2月からは富山工場(富山市)も稼働し始めた。現在は年間100台を生産目標とする。

   エレクトライクは、一人乗りで、幅1.3メートル、長さ2.5メートルと二輪車よりも少し大きい程度の荷物搬送用三輪車。ドアはないがシートベルトも不要で、ヘルメット着用の義務もない。ただ、性能は今までの三輪車を上回る。高性能な小型バッテリーが搭載され、1度充電すれば最高速度50キロで約60キロの距離を走れるという。ギアもなく、原付自転車の運転経験がある人なら簡単に乗りこなせるそうだ。

   オート三輪車はカーブで急ハンドルを切ったり、雨道でスリップしたりすると転倒しやすく、安定性に課題を残していた。その課題を克服するため、左右の後輪をそれぞれ別のモーターで駆動させ、安定性を高めた。担当者も「三輪車の概念を打ち破るほどの安定性、運転性があります」と胸を張る。実際、同社がYouTubeに投稿しているエレクトライクのテスト走行動画では、スラローム走行や八の字走行など複雑な運転もスムーズにこなせていた。また、走行時はEVならではの「静かさ」も魅力という。

   これまで100万円~200万円の間で販売してきたが、型式取得後は政府補助金の対象となり得るため100万円以下の価格を目指す。

   その懐かしいデザインがウケているのか、ツイッターや掲示板では「新しいのになつかしい」「いかしとうね」「おおっ、これはいいかも」といった声が寄せられている。

トゥクトゥクとは「別物だと思っている」

   今後は日本だけでなくラオスやカンボジアなど、東南アジア諸国の市場も視野に入れるという同社。しかし、これらの国々ではすでにTUKTUK(トゥクトゥク)と呼ばれる三輪車がメジャーな乗り物として使われている。価格もエレクトライクに近い。

   「トゥクトゥクと戦う用意があるのか」という記者の質問に対し、担当者は「全く別物だと思っています」と答えた。

   確かにトゥクトゥクとエレクトライクの間には違いが多い。前者は人間が乗り込む用途を想定して作られたもので、エンジンの動力で走る。反対に後者は荷物搬送用に作られ、バッテリーで動く。棲み分けが可能、と見ているようだ。

   取材の途中、担当者は「物流のラストワンマイルのノンカーボン化」という同社の野望を明かした。EVに関しては、インフラ面や法律面でまだまだ整備が進んでいない。そんな状況を改善するため、社会貢献も含めたビジネスを「ベンチャー企業らしくゲリラ的にやっていければ」と熱っぽく語っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中