あの太田出版が新聞広告で痛いミス 「ボーイズラブ」を「ボーズラブ」と誤記

印刷

   「元少年A」が書いた『絶歌』を出版した太田出版(東京都新宿区)が出稿した新聞広告に「致命的な」誤植がある、とネットで話題だ。

   間違えたのは『絶歌』とは違う書籍の広告。1文字抜いただけなのに、まったく違う意味に取れる。そんな面白さも手伝って、ネット上ではこれを材料にすでに「大喜利」も始まった。

  • 「ボーズラブ」は「女性たちを虜にする快楽装置」?
    「ボーズラブ」は「女性たちを虜にする快楽装置」?

著者「それにしても『ボーズラブ』って!」

   誤植が見つかったのは、2015年6月17日付け毎日新聞東京版朝刊1面に掲載された広告。6月6日発売の新刊「BL進化論 ボーイズラブが世界を動かす」に関し、「BL進化論 ボーズラブが世界を動かす」と表記されていた。

   いうまでもなく「BL」は「ボーイズラブ」の略語で、男性同士の同性愛をテーマにした作品ジャンルを指す。ただ、作者も読者も女性の場合がほとんどだ。

   同社ホームページでもサブタイトルは「ボーイズラブ」と紹介されており、明らかに1字抜けている。

   17日、朝刊に目を通した人からツイッターで

「あれBLってボーズラブだっけか...坊主?」
「BL(ボーズラブ)とは?」

と指摘が相次いだ。

   一方、太田出版は取材に対し、「社員の新聞チェックで誤植に気付いた」と明かす。著者・溝口彰子さんも17日、太田出版側からお詫びの連絡があったとツイッターで報告しつつ、「それにしても『ボーズラブ』って!」とツッコんでいる。

スキンヘッドの外国人写真で「ボーズラブ」を表現

   誤植で生まれた「ボーズラブ」という言葉だが、ネット上ではネタとして扱われ始めているようだ。自分の思う「ボーズラブ」を画像で表現してツイッターに投稿する動きも広まり、さながら「大喜利」のような状態となっている。

   スキンヘッドの外国人写真や、剃髪した俳優・本木雅弘さんの写真など、ユーザーは想像力を駆使してさまざまな画像を投稿している。それがまたさらにリツイート(拡散)されている。

   また、寺院における稚児男色の歴史を踏まえ、

「ボーイズラブのジャンルにはボーズラブもある」
「ボーズラブは確かに禁断の愛ですね...!」

などとツイートする人や、紹介文にあった「女性たちを虜にする快楽装置=BL」という一文に注目し、「こんの生くそ坊主が!」と揶揄する人もいる。

   ちなみに、同書は18日13時現在、Amazonの「文学理論」カテゴリーで売れ筋ランキング3位を獲得しており、人気急上昇中だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中