東洋ゴムの経営陣、14年夏に不正認識 免震偽装問題で

印刷

   東洋ゴム工業の免震ゴムの性能が偽装されていた問題で、弁護士による社外調査チームは、同社の経営陣が2014年8月までに不正を認識したが迅速に対応しなかった、などとする最終報告書をまとめた。社外調査チームが2015年6月22日に公表した。

   報告書によると、偽装を行った明石工場の元課長代理からデータ改ざんの方法を引き継いだ後任の社員は、2013年夏に上司に報告。この情報は14年5月には東洋ゴム工業本社にも届いており、調査チームは、信木明会長(60、当時社長)が14年7月17日の会議で、山本卓司社長(58、当時専務)も8月13日の会議で不正を認識したと判断した。これらの会議の資料には、性能値の改ざんがあったことなどが記されていた。

   また、当初4人が不正にかかわった疑いがあるとみられていたが、調査では13人が関与していたことがわかった。13人は、データをチェックする品質保証部の担当者やその上司、また製造部門の担当者らも含め、幅広い部署や役職に及ぶ。4人が不正に直接かかわり、9人は不正を働きかけるなどしたとみている。

   調査チームは、「不祥事発生につながる風土が根付いている」などとして、タイヤも含めた全製品で不正の有無を外部調査すべきだと求めた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中