武田薬品、外国人CFOが退任 引き抜いた人材、引き抜かれ・・・

印刷

   武田薬品工業は、取締役で最高財務責任者(CFO)のフランソワ・ロジェ氏が2015年6月26日付で退任すると、6月24日に発表した。食品大手のNestlé S.A.(スイス)の財務統括職に就任する。武田薬品はここ数年、国内外から優秀な人材を積極的に引き抜き、登用する「人事のグローバル化」を進めてきたが、集めた人材をネスレに引き抜かれた。

   ロジェ氏は、欧州の製薬や食品、通信会社の財務責任者などを経て2013年9月に、武田薬品で初めてのCFOに就任。財務部門をグローバルに統合する職務にあたり、会計、財務、税務、IT、購買、保険・リスク管理のグローバルリーダーが、世界中をカバーする機構をつくりあげた。

   14年6月に、同社初の外国人社長に就いたクリストフ・ウェバー社長が経営強化のために結成した外国人中心の「直属幹部チーム」の一員でもあった。

   なお、武田薬品は6月26日に開く株主総会に、ロジェ氏を含む取締役の選任議案をすでに提示しており、直前になって議案を修正することになった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中