タイで1万人に「いいね!」された テレ朝支局長のLINEで「チン開示」

印刷

   タイ・バンコクは湿度90%を超す、ムシムシとした熱帯夜だった。テレビ朝日バンコク支局長(40代男性)は異国の暑さを紛らわすためか、酒をあおっていた。日本から「テレ朝」の看板を背負い、ちょうど2週間前この地を踏んだばかり。2015年7月27日、すでに時刻は深夜0時に近い。

   酔っての悪ノリか、海外での新生活でテンションが上がっていたのか。彼はろくでもないことを思いついた。自分の局部の写真を、ある親しい女性に送りつけようというのである。さっそくズボンを脱ぎ、露出したそれを右手で握り立たせ、手持ちのスマートフォンでぱしゃりと撮った。後は、そのままLINEで送信、と――。

  • タイの人気ポータルサイトに掲載された、この一件を報じるニュース記事。モザイクの部分が問題の写真(一部修正を加えています)
    タイの人気ポータルサイトに掲載された、この一件を報じるニュース記事。モザイクの部分が問題の写真(一部修正を加えています)

丸出し写真に「オエー」

   次の瞬間、彼は真っ青になったに違いない。なにしろその写真が彼女宛てではなく、つい先日加入したばかりの「タイ外務省のLINEグループ」に投稿されてしまっていたのだから。

   8月1日、メディアが一斉に伝えた「テレ朝支局長丸出しLINE事件」は、だいたい上記のような顛末である。

   誤送信するにも、場所が悪かった。そのグループは、外務省が外国メディア向けに設けたもので、現地に駐在する外国人記者など150人あまりが参加、まさにスポークスマンとのやりとりの真っ最中だ。そんな真面目な場に、「チン写真」が突如飛び込んできたのである。

   LINEへの投稿は取り消すことができない。支局長はよほど慌てたのか、釈明1つせずに直後、グループから逃げるように退出した。間もなくスポークスマンから、

「このLINEグループは、公的な目的のために設けているものです。対応を取らせていただきます」

とのコメントが付く。続けて、別の参加者がキャラクター物のスタンプを貼り付けた。「オエー」と嘔吐している画像だ。

「大きくはないね」と「サイズ」をからかう

   このやり取り自体は非公開だったものの、グループに参加していた記者経由でスクリーンショット画像はあっという間に拡散し、タイのメディアも相次いで報じる事態となった。

   反響は大きく、たとえば現地のニュースサイト「M Thai」では、アクセスランキングの4位にこのニュースが入っている。タイで最も人気があるポータルサイト「サヌック」に配信された記事にいたっては、フェイスブックで1万人以上から「いいね!」された(いずれも2日午後時点)。下手をすれば国際問題にもなりかねないような話だが、幸いというべきかコメント欄などを見る限り、「大きくはないね」などと「サイズ」をからかうなど、いわゆるお笑いニュースとして受け取っている人が多いようだ。また、

「政府の干渉への、遠回しな抗議だったのではないか?」(ニュースサイト「ココナッツ・バンコク」)

といった、うがった見方まで出ている。

   なお報道によれば、テレビ朝日はこの一件をタイ外務省へすでに謝罪しており、支局長は謹慎中だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中