医師の6割が暴言、2割が暴行受けた経験 患者やその家族から――「メドピア」調査でわかる

印刷

   医師はしばしば患者や家族から暴言や暴行を受けていることが医師対象の調査から浮かび上がった。医師専用コミュニティサイト・メドピアの登録医師に「患者さんやそのご家族から『暴言』や『暴行』を受けた経験はありますか」と質問したところ、2015年6月15日から21日までの調査期間中に3880人が回答した。

   「暴言を受けたことがある」は2327人(回答者の60.0%)、「暴言・暴行を受けたことがある」は 704人(18.1%)で、「まったくない」は 849人(21.9%)だった。

  • 患者からの暴行、暴言を受ける医師が多い
    患者からの暴行、暴言を受ける医師が多い

「ご臨終の宣告後、遺族から『人殺し! 』といわれた」

   暴言を受けた相手は「認知症患者」「精神病患者」「酔っぱらい」、「待ち時間が長かった時」などが目立った。自由記入のコメントでは「認知症患者からはよく受ける」「救急外来はお互い初見なので、トラブルはたまにある。向こうが治療法を指定し、それを断るとトラブルになる」「夜間の救急当直中に酩酊患者から暴言を受けた」「平均年に 3~4回はある」など。

   「命の危険を感じることもあり、何度か医師を辞めようと思った」という整形外科医もいる一方で、「相手が精神科患者なので、できるだけ自分が切れないよう、冷静になるよう心がける」(精神科医)、「ご臨終の宣告後、遺族から『人殺し!』といわれたことが 2回ある。甘受したが」(泌尿器科医)と我慢している医師も多い。

   暴言だけでなく、暴行は「精神科では必ず遭遇する」「救急外来、精神科でアル中に殴られた」など、精神科と救急がやはり多いようだ。「殴られ、眼鏡が壊れた」(脳外科医)、「救急現場では暴言はよくある。胸ぐらつかまれることもしばしば」(家庭医)と切実だ。「何度もある。治らない患者を治療している仕事なので仕方がない」(放射線腫瘍医)と、あきらめ気味のコメントもあった。(医療ジャーナリスト・田辺功)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中