遂に裁判沙汰「アイドル恋愛禁止令」 指原「やめません?」提案、ではももクロ妹分は?

印刷

   「恋愛禁止」の契約を結んでいた女性アイドルが、男性ファンとの交際を理由に、所属事務所への賠償を命じられた――。事実上、アイドルの「恋愛禁止条項」を認める地裁判決に、芸能界から賛否両方の声が出ている。

   実際に「恋愛禁止」とされているアイドルたちも、このニュースについてコメント。HKT48の指原莉乃さん(22)からは、「恋愛禁止って、やめません?」と一歩踏み込んだ発言も出た。

  • 指原莉乃さんは「やめません?」と提案
    指原莉乃さんは「やめません?」と提案

「ちょっとやりすぎじゃないのかな、って思ってしまいます」

   東京地裁は2015年9月18日、元アイドルの女性(17)に対し、かつての所属事務所などへ約65万円の支払いを命じた。女性は所属事務所と交際禁止の契約を結んだうえで、13年7月から6人グループで活動していたが、男性ファンとホテルへ行ったことが発覚し、グループは同年10月に解散した。地裁判決は、「交際発覚はアイドルのイメージを悪化させる」ことなどを理由に、女性に賠償を命じている。

   このニュースを題材に、テレビ各局は「恋愛禁止規項」のあり方について議論している。15年9月27日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、指原さんが「(事務所が)ちょっとやりすぎじゃないのかな、って思ってしまいます」とコメント。もちろん女性にも問題があるとしながら、指原さんは「別のグループに移籍するとか、私と同じように」「坊主(になって謝罪)とかは衝撃的すぎたけど」などと、同じく恋愛禁止とされるAKBグループの例をあげた。また指原さんは、

「あの......恋愛禁止って、やめません?」

とも提案し、恋愛発覚が一大事になってしまう風潮に一石を投じた。

   一方で、同じく27日に放送された「サンデージャポン」(TBS系)では、約10年前にアイドル経験があるという、歌手・モデルのラリソン彩華さん(28)が「契約に書いてあったんなら、うまく隠して(交際)できるならともかく、事務所さんにも迷惑がかかっちゃうし」と、アイドル側の責任について話した。

エビ中の場合は「察してくれよ」

   アイドルの「恋愛禁止」の是非はこれまでも何度か話題になっており、最近もアイドル本人や関係者がしばしば言及している。8月2日の「旅ずきんちゃん」(TBS系)では、NGT48の北原里英さん(24)が、男女が共同生活する「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演していた時を振り返り、「テラスハウスに出てるときは『いいよ』って感じだったんです」と語った。

   AKB総合プロデューサーの秋元康さんから出演決定を伝えられた時、北原さんが「付き合っちゃったら、どうするんですか」と質問すると、秋元さんは「そのときはそのときだよ」と返答。北原さんは「もし付き合っていたら、そこで卒業して、という感じ」と続けたが、この「卒業」がテラスハウスからの退出か、AKBからの脱退を意味しているのかについては触れられなかった。

   7月5日の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)は、「ももいろクローバーZ」の妹分にあたるアイドルグループ「私立恵比寿中学」(通称、エビ中)を特集。同グループの「校長」ことチーフマネージャーの藤井ユーイチさんが、

「(恋愛)しろとも言わないし、するなとも言わないけれど、まあ『察してくれよ』っていうのはあります」
「こっちから『するな』と言っても、するもんはするじゃないですか。ただ(そのタイミングは)『今じゃねーだろ』っていう」

など、あえて「恋愛禁止」を明文化していないことを告白した。どうやらグループによっても違いがあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中