東芝・富士通・VAIO3社、パソコン事業の「統合」検討か

印刷

   東芝と富士通、ソニーのパソコン部門が独立した「VAIO」の3社が、パソコン事業の統合を検討している、と、2015年12月4日付の日本経済新聞などが報じた。実現すれば国内シェア(出荷台数ベース)は30%を超え、NEC・レノボを抜いてトップに躍り出る。

   東芝は不適切会計問題による業績悪化を受けて、苦戦していたパソコン事業を切り離し、経営の立て直しを図る狙いがある。一方、富士通も10月29日にパソコン事業の分社化を発表している。

   パソコン市場は、タブレット端末の普及などで厳しい競争にさらされている。経営統合による規模の拡大で生き残りを図る。部品の共同調達によるコスト削減などのメリットが見込まれる。

   統合報道について、東芝は4日、「現在、事業体制のさらなる効率化や他社との事業再編も含めさまざまな可能性を検討していますが、個別企業と具体的に合意した事項はありません」とのコメントを発表。富士通も「パソコン事業の分社化後の事業成長に向けて、さまざまな可能性を検討していますが、決定しているものはありません」としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中