国交省、異常破裂したタカタ製エアバッグの生産・使用停止を指導

印刷

   国土交通省は2015年12月4日、自動車部品大手タカタと各自動車メーカーに対し、タカタ製エアバックの異常破裂の原因とされる硝酸アンモニウムを使った装置の生産と使用を、18年末までに段階的に停止するよう指導した。

   タカタ製のエアバックは15年10月に静岡県でリコール(回収・無償修理)対象の日産車で異常破裂し、国内で初めて負傷者が出た。15年11月には米当局が段階的生産停止をタカタに命じている。米当局は硝酸アンモニウムを使ったバッグを膨らませるためのガスを発生させる装置が高い温度や湿度にさらされると不具合となり、やがては異常破裂する危険があるとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中