マック公募バーガー名「北のいいとこ牛っと」に決定 「長すぎ」「頼みづらい」「ダサい」との声続々

印刷

   日本マクドナルドが公募で決定した新作ハンバーガーのネーミング「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」について、ネットで「ダサい」「頼みづらい」と酷評が相次いでいる。

   新作ハンバーガーの名称公募は同社初の試み。キャンペーン開始時から話題となったが、同時に「見た目がイメージ写真と異なる」との不満も寄せられていた。

  • マクドナルドいわく「悩みに悩んだ結果」(画像は同社公式サイトより)
    マクドナルドいわく「悩みに悩んだ結果」(画像は同社公式サイトより)

応募名称数は500万件を超える

   「北のいいとこ」という正式名称は2016年2月22日に発表された。同社の公式ツイッターアカウントも同日、「悩みに悩んだ結果」「ご応募いただいた全てのお客様に感謝いたします」とのコメントを発表している。

   このハンバーガーは、名称公募のキャンペーン開始にともない、「名前募集バーガー」として2月2日から販売されていた。北海道産じゃがいもをバターでまとめたポテトフィリングと濃厚なチェダーチーズ、ジューシーな100%ビーフパティを香ばしい特製オニオンソースで仕上げた一品だ。

   正式名称に選ばれた応募者には、このハンバーガー10年分相当の賞金(およそ142万円)が贈られる。15日の応募締め切りまでに寄せられた名称は500万を超えるというから、話題性の高さがうかがい知れよう。

   しかし、発売当初から「不満」の声も絶えなかった。ネット上でとりわけ多くみられたのは「実際の見た目がイメージ写真と異なる」との報告だ。思っていたものとは違う、といった趣旨の感想を写真とともに投稿。口さがないツイッターユーザーは「詐欺バーガー」とも揶揄した。

   そんなネガティブな印象がぬぐいきれなかったのか、新たに決まった正式名称に対し

「長すぎる」
「頼みづらい」
「ダサい」

との批判がツイッターに寄せられている。

   なお、同社は名称決定の理由について22日、

「北海道の2つの食材ポテトとチーズのおいしさを『北のいいとこ』という言葉で分かりやすくまとめ、『牛(ぎゅ)っと』でベーコンやオニオンソースで全体がうまくまとまった美味しさをぎゅっと詰めたバーガーであること、かつ『牛(ぎゅ)』で100%ビーフの美味しさも表したひねりのある楽しいネーミング」

と発表している。「北のいいとこ牛っとバーガー」は2月23日から3月中旬まで、この名称で販売される。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【夏到来】気になるワキの汗ジミ、ニオイの悩みを解消したい!

ワキ汗・ニオイ治療は驚きの進化を遂げていました

ハイクラス転職 狙うなら今!

もっとも多くの敏腕ヘッドハンターが集まるサイトで、あなたキャリアをアピールしてください。

「1トンの肉を食べた男」が検証 マックの「ビーフ100%」は本当?

「何か別の肉を混ぜているのでは?」長年の疑惑に迫る!

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中