シェーー!「おそ松さん」が終わっちゃうよー!! 最終回前から「松ロス」「松鬱」現象の大騒ぎ

印刷

   近年稀に見る大ヒット中のTVアニメ「おそ松さん」。その最終回が近づき、ネット上では「おそ松ロス(松ロス)」「おそ松鬱(松鬱)」などといった現象が広がっている。

   「おそ松さん」を愛し過ぎたからのようで、ツイッターには「しんどい」「胸が苦しい...」「死ぬしかない」などといったつぶやきが大量に出ていて、「松鬱になってる人、繋がりませんか?」などと救済を求めるハッシュタグも林立している状況だ。

  • 誰も予想できなかった社会現象的大ヒット。「おそ松さん」の続編は制作されるのか?(写真はTVアニメ「おそ松さん」公式サイトのスクリーンショット)
    誰も予想できなかった社会現象的大ヒット。「おそ松さん」の続編は制作されるのか?(写真はTVアニメ「おそ松さん」公式サイトのスクリーンショット)

「おそ松さん終わったらなんも希望が無くなる 私も死ぬ」

   「当初から『いける』見通しは全然なかった」(東京新聞2016年1月31日)と、テレビ東京アニメ事業部の担当者が語るように、「おそ松さん」のここまでのヒットは誰も予想できなかった。「誰に向けた作品か分からない印象があった」(同)というこのアニメは、なぜかボーイズラブを好む「腐女子」と呼ばれる若い女性に大受けし、さらに男性ファンも増やしていった。

   5000枚売れればヒットと言われるアニメ業界で、テレビ放送を収録した第1巻はDVD、BD合わせ10万枚を突破。プロ野球とコラボすれば客席は完売。コンビニとのコラボではあっという間に景品が無くなった。イベントを開くと何千人もの若い女性の行列ができ、雑誌の表紙に起用すれば完売、重版となる凄まじさだ。そんなアニメが16年3月28日未明の1時35分放送分(第25回)で、2クール(6か月)を経て最終回を迎える。終わりを惜しむ声は1か月ほど前から出ていて、悲しみを感じ「松ロス」「松鬱」という言葉が生まれていた。

   そして今週放送された24話では、「無職童貞クソニート」の設定で、昼間から酒を飲んだりしていた6つ子が職に就くなど「独立」していく様子が描かれたため、本当に終了することを実感することとなり、負の感情が爆発した。ツイッターでは、

「胸が苦しい・・・。ご飯全然たべれない・・・。涙がとまらない」
「いや、もうホント、おそ松さん終わったらなんも希望が無くなる 私も死ぬ」
「心臓痛すぎ。。。来週死ぬんちゃうかな 松ロス決定やで...」
「つらいつらい。しかしもう終わるよね、、じゃあ私も騒ぐわ シェー」
「24話の衝撃で壊れた身体と精神。食欲不振。ファミマでカラ松のコースター貰うために買ったリポビタンを飲んでどうにか生きてる」

などといったつぶやきが大量に出た。

「『2クールで終わる』とは言っていませんよ」?

   こうした苦しみを癒そうとして、ツイッターでは「#松鬱になってる人、繋がりませんか」「#しんどい人繋がりませんか」「#最終回を迎えても松垢残す人繋がりませんか」などといったハッシュタグも林立している。かなり痛々しい状況だ。

   そんな「松鬱」を商売にしようと考える会社もある。KADOKAWAが発行する月刊誌雑誌「ダ・ヴィンチ」の16年4月6日発売号では、「松ロスするにはまだ早い!『おそ松さん』総力特集(タイトル仮)」を予定していると告知している。「松ロス」に悲しむ編集部とファンが一緒に楽しめるような企画が盛りだくさんになっているという。

   ただし、これだけの人気アニメがそんなに簡単に終わってしまう、ということは考えにくい。先の東京新聞のインタビューに応えた担当者は、

「もともと2クール作るつもりではいたが、『2クールで終わる』とは言っていませんよ」

などと意味深なことを語っている。3クール目は早ければ今秋ではないか、といった根拠のない噂も流れているが、どうなるのだろうか。最終回終了後に何らかの告知があるらしいということも囁かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中