「もう来ないで下さい」栃木・真岡鉄道が「撮り鉄」に断絶宣言! 「よくぞ言ってくれた」「何様のつもり」と賛否が殺到

印刷

   栃木県の第三セクター鉄道会社、真岡鉄道が線路と平行して植えられている菜の花畑を「撮り鉄」と呼ばれる写真愛好家に荒らされたとして公式フェイスブック上で怒りを爆発させ「もう来ないで下さい」などと書いたところ、ネット上で「よくぞここまで言ってくれた!」などと喝采が上がり真岡鉄道への応援コメントが殺到した。

   しかし、「撮り鉄」から反発の声も真岡鉄道には多く寄せられているようで、担当者は「反響が大きくなりすぎた」などと頭を抱えていて、テレビ局などの取材を断っているという。

  • 「撮り鉄」によって真岡鉄道の線路脇の菜の花畑が荒らされた。「もう来ないで下さい」との訴えに批判も(写真はイメージ)
    「撮り鉄」によって真岡鉄道の線路脇の菜の花畑が荒らされた。「もう来ないで下さい」との訴えに批判も(写真はイメージ)

「鉄道会社もファンも一丸となり戦う時期に来た」

   真岡鉄道は2016年4月11日に公式フェイスブックに、線路脇の菜の花畑が荒らされている3枚の写真を掲載し

「どう感じますか?踏みつけられた菜の花。何を撮影したいのですか?たかが菜の花?綺麗に咲いている菜の花を踏みにじって何も感じないのでしょうか?」

と怒りを爆発させた。線路そばで撮影している人はほとんどが敷地に侵入する違法行為をしているが、今まではグレーゾーンとしていたものの、今回はあまりにも酷すぎ、少ない人数で運営しているため警備などに人手はかけられないため、今後は地元警察に協力を仰がざるを得ない、と判断したとしている。

「この投稿を見て、もしも該当するような事をされてしまった方がいらっしゃいましたら今後はそのような事を絶対にしないでください。関係無い、今迄通り好き勝手やる、そう思った方はもう来ないで下さい」

と結んだ。これがネット上で大反響となり、真岡鉄道のフェイスブックには、

「よくぞここまで言ってくれました!鉄道会社として、ダメなものはダメとはっきり言ったほうが良いです」
「こういう時だけやって来る撮り鉄さんたちですね。その場にいると、殺気立ったこの方々に怒鳴られたりもします。怖いので私は近づきません」
「悲しすぎますね。シェアさせていただきます。鉄道会社もファンも一丸となって戦わないといけない時期に来たのかもしれません」

などといった応援と激励のコメントが殺到した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中