羽田滑走路で大韓機エンジンから煙、320人脱出 空港離着陸はマヒ状態に

印刷

   2016年5月27日12時30分ごろ、羽田空港で大韓航空機の左エンジンから煙が出る事故があった。乗員・乗客は全員脱出し、14時時点で重い症状のけが人は確認されていない。この影響で2時間以上にわたって全機が発着を見合わせた。

   羽田空港に着陸しようとしていた飛行機は伊豆大島や房総半島で待機した後に、続々と出発地に引き返したり成田空港に着陸したりしている。すでにゲートを出発し、滑走路上で立ち往生している飛行機も複数あり、首都の空の玄関はマヒ状態になった。

  • 一時は20機以上が上空で着陸を待った(「フライトレーダー24」の画面から)
    一時は20機以上が上空で着陸を待った(「フライトレーダー24」の画面から)

国内線は欠航、国際線は成田、関空に着陸も

   事故を起こしたのは羽田発金浦空港行きのKE2708便(ボーイング777-300型機)。4本ある滑走路のうち、国内線第2旅客ターミナルの東側にあるC滑走路から離陸しようとしたところ、左側のエンジンから火が出た。乗員・乗客約320人が乗っていたが、シューターを利用して脱出した。30人ほどが「気分が悪い」などと訴えているが、重い症状の人は確認されていないという。事故機は1999年に大韓航空機に納入され、最近では羽田-金浦線を1日に2往復していた。

   14時現在、羽田空港の離着陸は中断された状態で、一時は20機以上の航空機が首都圏周辺の海上を旋回して着陸を待ったが、続々と出発した空港に引き返したり、成田空港や関西空港に着陸したりしている。国内線中心に欠航が相次ぐなど航空ダイヤは大幅に乱れている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中