英国民投票、最新世論調査がみんなハズれ! 報道された日本で混乱に拍車

印刷

   英国の国民投票で、欧州連合(EU)離脱派が勝利したことを受け、2016年6月24日の東京株式市場は全面安となり、今年最安値となった(1万4952円02銭)。

   日本時間で24日早朝の段階では、残留派がやや優勢との英国での世論調査結果を日本のメディアが伝えており、混乱に拍車がかかったようだ。結果は世論調査の逆で、100%開票時点で離脱派が約52%、残留派が約48%だった。

  • 朝のニュースでは残留派優勢と報じられていたが…
    朝のニュースでは残留派優勢と報じられていたが…

「4ポイント差」は同じだったが、結果は真逆

   24日朝、NHKは大手世論調査会社「YouGov(ユーガブ)」の調査結果を伝えた。投票日当日に約4700人を対象に行ったもので、「離脱」48%、「残留」52%だった。ユーガブの結果は、テレビ朝日系(ANN)のニュース番組でも紹介していた。

   また、日本テレビ系のニュースでは、ロンドンに拠点を置くSkyNews(スカイニュース)の最新調査結果(「離脱」48%、「残留」52%)を引用して報じた。

   ところが、正午を過ぎたあたりから離脱派優勢の報道が増え、14時ごろにはBBC(イギリス公共放送)が「離脱派の多数が確実に」と報じた。その後、夕方には開票が100%となり、離脱派勝利がはっきりした。

   朝のニュースで、残留派優勢との世論調査結果を報じるニュースを目にした人は多いようで、ツイッターやネット掲示板には、

「朝マスゴミが残留といってたのはなんだったのでつか?」
   「事前には残留が優位と伝えられていたが」

といった恨み節に近い書き込みや、 イギリス人の気質と絡め、世論調査に正直に答えなかったのでは、との推測を披露する人も複数いた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中