DeNAが無人運転バス事業 8月から幕張で試験運行

印刷

   ディー・エヌ・エー(DeNA)は2016年7月7日、無人運転バスを利用した交通システム「ロボットシャトル」の運用を始めると発表した。第1弾として、8月からイオンモール幕張副都心(千葉市美浜区)に隣接する豊砂公園(約2.1ヘクタール)で試験運行を始める。

   現時点で無人運転車は公道では走れないため、高齢化による運転手不足を背景に、遊園地や公園、大学キャンパスなど、私有地でのシャトルバスとしての需要を見込む。

  • 報道陣にお披露目された無人運転バス「EZ10」。事前に決められたルートを走る
    報道陣にお披露目された無人運転バス「EZ10」。事前に決められたルートを走る
  • 車両には最大12人が乗れる
    車両には最大12人が乗れる

事前登録されたルートをカメラやGPSを使って走る

   「ロボットシャトル」では、フランスのベンチャー企業、イージーマイル社が開発した自動運転バス「EZ10」を利用。地図上にあらかじめ登録されたルートをカメラやセンサー、GPSを利用して走る。車両の近くに障害物を検知した場合は、自動的に減速・停止する。

   車両は全長約4メートル、全幅約2メートル。着席6人、立ち席6人の合計12人が乗ることができる。前後の区別はなく、内部にはハンドルやブレーキ、アクセルペダルもない。

   東京・六本木ヒルズで行われた試乗会では、係員が座席の横にあるボタンを押すと静かにドアが閉まって車両が走りだし、1分30秒ほどかけて坂道を含むコースを往復した。

   今回の事業では、イージー社が車両や自動運転ソフトをDeNAに提供し、DeNAが保険会社や行政との調整を担当。千葉市から豊砂公園の管理の一部を請け負っているイオンモールがDeNAに運営経費を支払う。公園内でイベントが開かれる際にシャトルバスとして運行される予定だ。

   今回の事業とは別に、DeNAはロボット開発ベンチャーのZMPとタクシーの自動運転技術の開発を進めている。これに加えて7月8日には、NTTドコモ、九州大学、福岡市と提携して自動運転事業の立ち上げを発表予定だ。第5世代(5G)と呼ばれる新規格を利用し、他の車や道路の障害物を検知しながら、ブレーキやハンドル操作ができる技術の開発を目指す。九州大学の構内や福岡市内の公道で試験走行が行われる予定だ。

   それ以外にも自動運転の分野ではKDDIがトヨタ自動車と協力関係にある。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中