相模原の大量殺傷事件19人死亡 容疑者、犯行直後に「世界が平和になりますように」

印刷

   神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月26日未明に起きた入居者殺傷事件をめぐり、殺人未遂と建造物侵入の容疑で神奈川県警に緊急逮捕された植松聖容疑者(26)の「異様な行動」が徐々に明らかになってきた。

   植松容疑者は16年2月には衆議院議長の公邸(東京・千代田区)を訪れ、「障害者を抹殺する」などと書いた手紙を警備員へ渡していた。また、本人とみられるツイッターアカウントでは、犯行直後と思われる7月26日午前2時50分に「世界が平和になりますように。beautiful Japan!!!!!!」という一文を綴っていた。

  • 事件は静かな山あいの施設で起きた(C)Google
    事件は静かな山あいの施設で起きた(C)Google

「障害者が安楽死できる世界を望む」

   今回の事件では、同日正午時点で男女19人が死亡、26人が重軽傷を負った。各メディアの報道によれば、植松容疑者は同施設の元職員で、警察の取り調べに対し「障害者を恨んでいた」「障害者なんていなくなればいい」などといった趣旨の供述をしたという。

   植松容疑者はハンマーで入居者居住棟1階の窓ガラスを割り、そこから施設内に侵入。包丁とナイフ合わせて3本の刃物と結束バンドを持参しており、バンドを使って施設の職員1人を縛った疑いもある。

   植松容疑者は入居者らの首を狙って次々と刺していったとみられ、ほとんどの被害者には首を中心に複数の刺し傷があった。こうした被害状況に、男女4人が搬送された東京医科大学八王子医療センターの救急センター長は「犯人の強い殺意を感じた」「寝間着が血で染まっていた」とコメントしていた。

   植松容疑者は2012年12月に同施設で働き始め、16年2月19日に「自己都合」で退職した。退職直前の14・15両日には、衆議院議長の公邸を訪問。植松容疑者は、

「日本のために障害者470人を抹殺する」
「障害者が安楽死できる世界を望む」

などと書かれた直筆の手紙を持参しており、公邸の警備にあたっていた警察官に渡したという。手紙には、植松容疑者の名前や住所も記載されていた。

「正しいかどうかは分からないが、行動あるのみ」

   NHKなどによると、公邸に手紙を渡すなどの行動を受け、警察は植松容疑者が「他人を傷つける恐れがある」と判断。指定された医師が強制的な「措置入院」の対応をとったという。入院は2月19日と報じられており、施設の退職日と一致する。植松容疑者は、入院から12日後の3月2日に退院している。

   また、植松容疑者のものとみられる「聖」と名付けられたツイッターアカウントも発見された。施設の退職日には「会社は自主退職、このまま逮捕されるかも......」と投稿している。

   また、「障害者抹殺」の手紙を衆議院公邸に持参する2日目にあたる、2月12日には「正しいかどうかは分からないが、行動あるのみ」と意味深な一文を綴っていた。

   最後の投稿は犯行直後とみられる7月26日午前2時50分。自動車の後部座席とみられる場所で撮影した自撮り写真を掲載し、

「世界が平和になりますように。 beautiful Japan!!!!!!」

とのメッセージを残している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中