猫カフェで広がる「男性お断り」 「ナンパ」「盗撮」が増えてきた...

印刷

   「男性お一人様での入店はお断りしております」――。猫とのふれあいが楽しめる「猫カフェ」の一部店舗が、女性客のために「男子禁制」の方針を打ち出していることが、ネット上で物議を醸している。

   こうした猫カフェの対応について、ツイッターなどでは「納得いかない」「男性差別」といった不満が相次いでいる。だが一方で、猫カフェを訪れる女性に対し、男性客が「ナンパ」や「盗撮」などの迷惑行為に及ぶケースもあるという。

  • 猫カフェで広まる「男子禁制」の動き(画像はイメージ)
    猫カフェで広まる「男子禁制」の動き(画像はイメージ)

「男性がいると落ちつけない」という女性の声

   猫に囲まれて過ごせる癒しの空間として、ここ数年で店舗数が急増している猫カフェ。その人気に性別は関係ないようで、公式サイト等で「男性のお客様も大歓迎」などとアナウンスしている店も多い。実際、ネット上にも「意外と男性の方が多い」「男性ばかりで驚いた」といった声が数多く出ている。

   だが、そんな猫カフェの中には、「男子禁制」の方針を掲げる店も少なくない。

   神奈川県内のある猫カフェのオーナーは16年7月29日のJ-CASTニュースの取材に対し、「女性のお客様からの要望もあり、男性客だけでの入店を断っています」と話す。

「猫カフェの性質上、床に寝転がったりすることもありますので、男性からの視線が気になる女性は多いようです。過去にトラブルが起きたことはないですが、『男性がいると落ちつけない』という声はよく聞きます」

   この店では、一時的に男性だけでの入店を許可したことがあったが、その時期は「目に見えて女性客が減ってしまった」という。

   また、都内のある猫カフェでは、平日に限り「男性の入店を全面禁止」している。この店のオーナーは取材に対し、

「女性が1人でくつろいでいるところに、見知らぬ男性が来たら緊張してしまいますよね。店内も狭いですし、女性のお客様の気持ちを考えて、平日は男性のお客様のご利用をお断りすることにしました」

と説明した。記者が「利用したい男性客の気持ちはどう考えるのか」と質問すると、「休日に来ていただければいいんじゃないでしょうか」とだけ答えた。

猫を撮影するフリをして・・・

   こうした「男子禁制」の猫カフェに対して、ツイッターやネット掲示板には、

「猫カフェで男性一人の入店禁止ってヘコむんだけど」
「男性禁止の猫カフェ増えてるらしくて辛い」
「一人で猫カフェ行った時に男性だけの入店はちょっと...って断られたのだけはいまだに納得いかない」

などと猫好きの男性からの不満が相次いで寄せられている。なかには、「酷い男女差別」「男性差別だ!断固抗議しよう」などといった過激な主張もみられた。

   だが一方で、猫ではなく「女性」を目的に猫カフェを訪れる男性客もいるようだ。前述した神奈川の猫カフェのオーナーは「ほかの店の人間から聞いた話ですが」と前置きした上で、

「1人で来店した女性客へナンパのようにしつこく話しかけたり、猫を撮影するフリをして、女性の下着や胸元を盗撮するような行為も目立つそうです」

と明かした。こうしたトラブルを「未然に防ぐため」に、男性客の利用を制限している店も少なくないという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中