がん発覚から3週間で死去 「なんたって18歳!」の十勝花子さん

印刷

   女優の十勝花子(本名:加藤恵子)さんが2016年8月21日、大腸がんにより死去した。70歳だった。

   十勝さんの長女が投稿したフェイスブックによると、がん発覚は7月末。わずか3週間での死去となった。

  • フェイスブックには笑顔の写真が
    フェイスブックには笑顔の写真が

長女「『いつも元気な十勝花子』のままでいさせててください」

   十勝さんは1946年、北海道で生まれた。66年に歌手デビューし、俳優としても活動。71年放送開始のドラマ「なんたって18歳!」(TBS系)では、岡崎友紀さん演じる主人公をいじめる先輩を演じ、その知名度を高めた。また、浅香光代さんと野村沙知代さんによる「ミッチー・サッチー騒動」(99年)では、浅香さんを擁護するなど、ワイドショーなどでも活躍した。

   十勝さんのフェイスブックには16年8月24日、長女による訃報が投稿された。それによると7月末にステージ4の大腸がんが発覚。すでに手術ができないほど転移していた。治療しなければ余命6か月と宣告され、抗がん剤投与を始めた矢先の死去。すでに24日、家族のみの密葬を行ったという。

「皆様の記憶の中には、『いつも元気な十勝花子』のままでいさせててください」(フェイスブック投稿より)

   ツイッターには、ファンからの驚きの声や、追悼が投稿されている。

「ええっ!?十勝花子さんが?!」
「若すぎる。癌が見つかってから、わずか3週間。ご冥福をお祈り申しあげます」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中