国民的漫画「タッチ」に新事実発覚 あだち充「上杉和也は...」と仰天告白

印刷

   国民的な人気を博した青春野球漫画・アニメ作品「タッチ」について、作者のあだち充さんが漫画雑誌のインタビューで「裏話」を語った。

   作中の重要人物である上杉和也の死を「最初から殺すつもりだった」と告白。さらに題名の「タッチ」の由来についても意外な新事実を明かし、ファンも驚く展開となった。

  • ファンも驚く「新事実」(写真は「月刊少年サンデー 16年11月号」の表紙)
    ファンも驚く「新事実」(写真は「月刊少年サンデー 16年11月号」の表紙)

当時の担当編集者「人気のあるキャラだから...」

   あだちさんは、2016年10月12日に発売された「月刊少年サンデー」(16年11月号、小学館)の中のコーナー「カメントツの漫画ならず道」に登場した。これは、インターネットを中心に活躍中の漫画家・カメントツさんが著名な漫画家と軽妙なやり取りを交わす、16年6月号スタートの新連載だ。

   冒頭、「なんで『タッチ』で上杉和也を殺したの?」と早速きわどい質問をぶつけるカメントツさんに、あだちさんは「なんで...って...最初から殺すつもりだったもん」と事もなげな感じで打ち明けた。

   野球部に所属する高校生の上杉和也は「タッチ」のヒロイン・浅倉南の幼馴染。南と和也、そして兄・達也の「三角関係」がストーリーの核となっていく。「南を甲子園に連れて行く」と宣言していた和也が甲子園予選決勝の直前に交通事故で亡くなる場面は、大きな転換点として描かれた。この和也の死は、なんと「既定路線」だったのだ。

   「殺すつもりでキャラを作ったと...?」と驚きながら確認するカメントツさんに、あだちさんは「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ」と続けざまに告白した。

「当時の担当編集者からも...『人気のあるキャラだから殺すな』って、さんざん言われたけれど、原稿おいて行方くらませたんだよねぇ」

と振り返った。

   弟の死によって、南のことも甲子園出場もすべて引き継ぐ形となった達也。そうしたストーリー展開を「バトンタッチ」という表現に託し、タイトルに反映させたのだという。

   連載開始から35年を経て明かされた新事実に、ファンは

「その発想はなかった!」
「たっちゃんが主役だからタッチだと思ってた」
「タイトルの時点で決まってたのね」

とツイッターで驚きの声を上げている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中