わらで作った「シン・ゴジラ」がリアルすぎてスゴい 福岡・筑前町の収穫祭でお披露目

印刷

   毎年恒例の収穫祭「ど~んとかがし祭り」を直前に控えた福岡県朝倉郡筑前町で、人気映画「シン・ゴジラ」のゴジラを模したオブジェが展示されている。

   わらや竹で作られたオブジェは、大きさもさることながら、その精巧さが目を引く。しっぽのうねり、皮膚の凹凸など、細部まで忠実に再現されている。同町の発表資料で製作班は、「クオリティの高いものを作ろう」「妥協はしません」と並々ならぬ意気込みを語っていた。

  • 田園地帯に突如出現(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.
    田園地帯に突如出現(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.
  • 暗闇の中でも存在感抜群(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.
    暗闇の中でも存在感抜群(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.

高さ7メートル、しっぽまでの全長10メートル

   オブジェは、「かがし祭り」(2016年11月5日・6日)の開催にあわせて作られた。筑前町の発表資料によると、地元の若者や町役場職員、技術スタッフを合わせた総勢約20人の「巨大わらかがし班」が、およそ4か月かけて設計、製作。10月2日には、150人を超えるボランティアも参加し、ワラ編みが行われた。

   同町企画課の担当者によると、オブジェが完成したのは10月31日。当初の完成予定日は23日ごろだったが、作り直しや天候の影響でややずれ込んだという。

   11月1日、高さ7メートル、しっぽまでの全長10メートルのゴジラが足場から解き放たれ、のどかな田園地帯に「上陸」した。目や背びれ、尻尾に埋め込まれたLED電球が暗い中で光を放ち、映画さながらの雰囲気を醸し出している。

   ド迫力のオブジェが生まれた背景に、製作班のたゆまぬ努力があった。予算は、全国から集められた「筑前町ふるさと応援寄附金」(ふるさと納税)をフル活用。地元の若者を巻き込んで人員を確保した。

   一方、製作期間中は著作権問題、大雨続きの天候など、数多くの問題に見舞われた。映画制作会社に働きかけたり、作業のスピードを調整したりして、製作班は一つ一つこうしたハードルを越えていった。

ゴジラのフィギュアと何度も見比べ...

   そんな中でも、クオリティにはとことんこだわった。製作現場に置いていたゴジラのフィギュアと何度も見比べ、各パーツの忠実な再現を心掛けた。納得できない部分は、最後の最後まで作り直した。

   すべては、

「クオリティの高いものを作ろう」「妥協はできない」

という熱意、これまで培ってきたわらかがし作りのノウハウがなせる業だった。製作班の思いが詰まったオブジェは、12月初旬まで町内の祭り会場で公開される予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中