ロンブー淳「メディアは謝罪しないの?」 ASKA車内映像に疑問

印刷

   逮捕直前のASKA容疑者(58)が映ったタクシー車内映像がテレビ各局の情報番組で使用された件について、「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(42)がツイッターで「放送したメディアは謝罪しないの?」と疑問を投げかけている。

   問題の映像は、ASKA容疑者が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕される数時間前に乗ったタクシー車内でドライブレコーダーにより記録されたもの。容疑者がスマートフォンを見たり、運転手と話したりする様子が映っていた。

  • チェッカーキャブは謝罪したが…(画像は11月30日付 謝罪文のスクリーンショット)
    チェッカーキャブは謝罪したが…(画像は11月30日付 謝罪文のスクリーンショット)

ファンら「おっしゃる通り!」「激しく賛同!」

   テレビ各局の情報番組では逮捕当日の2016年11月29日から翌30日にかけ、「逮捕直前の車内映像を入手」などとしてこれを放送。するとインターネット上では「マスコミに渡していいの?」「法的に問題だ」といった声が相次ぎ、東京都のタクシー無線グループ「チェッカーキャブ」は30日、公式サイトで「当グループ加盟の1社よりマスコミへ提供されたもの」と認めて謝罪した。

   すると田村さんは30日夜、

「情報を提供したタクシー会社は謝罪したのに情報を放送したメディアは謝罪しないの? 不思議...」

とツイートし、「同罪」であるはずのメディアが「スルー」している状況に疑問を呈した。

   投稿は注目を集め、「おっしゃる通り!」「正論!そして激しく賛同!」「あんたかっこいいよ、TVタレントなのにメディア叩くなんて」と同意する声がいくつも寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中