ベッキーこそ真の「流行語」受賞者? 「ゲス不倫」で覆面人物登壇

印刷

   「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の表彰式が2016年12月1日、都内で行われ、タレントのベッキーさんとロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの不倫騒動をめぐり飛び交った言葉「ゲス不倫」もトップテンに選出された。

   この日の表彰式に現れたのは、覆面姿の人物だった。

  • 週刊文春の記者が代表してあいさつ(写真は2016年12月1日撮影)
    週刊文春の記者が代表してあいさつ(写真は2016年12月1日撮影)

文春公式キャラ「ふみはる」があいさつ

   2016年の年明け早々、週刊文春のスクープによって、タレントのベッキーさんとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音さんの不倫騒動が明らかとなった。ベッキーさんは記者会見で、川谷さんはライブでファンに謝罪したが、その後も週刊文春の記事で2人のLINEのやり取りが暴露されるなど、騒動の余波は続いた。

   今回、表彰式にはベッキーさんは現れなかった。受賞者は週刊文春編集部。式では同部の記者が1人、覆面マスクを付けて壇上に登場した。覆面マスクについて「これは文春の公式キャラクター『ふみはる』と申します」と説明し、

「あまり人前に出てしまうと張り込みに支障が出てしまうので、この格好をしています」

と理解を求めた。

   また、ベッキーさんについて、

「本来ならばベッキーさんや(不倫騒動で議員を辞職した)宮崎謙介元衆院議員さんたちがもらう賞だと思うのですけど、代表して頂きます。ありがとうございます」

と触れていた。

   主催者側が、ベッキーさんに式への出席を打診したかどうかは、はっきりしない。

「ゲス不倫とか流行してないでしょ」

   J-CASTニュース記事「『PPAP』、『君の名は。』、『ポケモンGO』... 流行語大賞候補に30語ノミネート」(11月17日配信)で行ったアンケート調査「今年はどの候補が流行語大賞になると思いますか?」では、12月1日19時現在、「ゲス不倫」に投票した読者の割合は、「ポケモンGO」15.9%、「PPAP」13%に次ぐ3番目の11.5%だった。

   今年の「大賞」結果を受けてツイッターでは、

「ゲス不倫はいるのね...はっきりいって...いらねぇよ」
「ゲス不倫とか流行してないでしょ」

という声のほか、

「不倫流行ってるからゲス不倫でいいと思うけどな」
「確かに神ってるよりゲス不倫のほうがよく聞いたし、受賞したら面白かった。(ゲス)」

という声も寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中