SMAP紅白辞退に「むしろほっとした」 「最後は5人で」をファンは見たくない

印刷

   「SMAP紅白辞退、ほっとしてる」「これでよかった」――そんなファンの声が、ツイッターなどで相次いだ。

   2016年12月23日、ジャニーズ事務所が、SMAPのNHK紅白歌合戦出場を、正式に辞退したことを発表した。19日付で出されたというメンバー名義の手紙では、「『SMAP×SMAP』を自分たちのラストステージとさせて頂きたい」との理由が記されている。

  • 紅白歌合戦には出場せず
    紅白歌合戦には出場せず

「無理に出された5人の表情なんて耐えられない」

   SMAPの紅白出場をめぐっては、NHKは「交渉中」であることを繰り返し表明しており、「手紙」の日付の2日後、21日の会見でも、NHKの木田幸紀放送総局長が、まだ交渉が続いているとしていた。メンバーと親交が深いとされるタモリさんのゲスト出演が決まったこともあり、週刊誌では「出場へ」といった報道もあった。

   こうした中での「辞退」に、ファンはさぞ残念がっているはず――と思いきや、冒頭に挙げたように、むしろ安堵の声が少なくない。

「もし出たとしても本人たちの思惑と違うことも起こるんだろうなぁ、と思ってたので、ちょっとほっとしてる」
「紅白辞退、ファンはまったく可哀想ではないですから。ほっと胸を撫で下ろしてる人が多いと思います」
「心からよかったと思う紅白辞退。無理に出されたSMAPの5人の表情なんてたえられないからさ。5人が穏やかな年末を過ごせることを願います」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中