国立劇場さん、何やってんのwww 「PPAP」パロディー邦楽動画が急拡散

印刷

   あの国立劇場が、ピコ太郎さんの大ヒット曲「PPAP」をパロディー化し、話題を集めている。

   太鼓や三味線、笛をフィーチャーした邦楽版PPAP、その名も「PNSP」(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)がYouTubeに投稿され、再生数を急激に伸ばしている。ネットユーザーから「なにやってんのwww」「演奏すごい」と驚きの声が上がった。

  • もうすぐ28万回再生(画像は国立劇場の動画より)
    もうすぐ28万回再生(画像は国立劇場の動画より)

公式キャラ「くろごちゃん」も華麗に舞う

   動画は2分ほどで、演奏者は唄のパートも含め7名。笛の独奏で幕を開け、そこに小鼓や太鼓の軽快なリズム、三味線の音が流れこんでいく。冒頭、原曲では電子音になっているあのメロディーが奏でられるが、原曲の面影はほとんどない。邦楽調に激しくアレンジされている。

   前奏の後、「いよ~」の掛け声を合図に舞台脇から登場するのは、国立劇場の公式キャラクター「くろごちゃん」だ。右手にペン、左手に「三方」(さんぽう、神事でお供えの御饌=みけ=を乗せる台)を携えている。そして、

「I have a pen. I have a Sampo.uhh,Sampo-pen」

   お馴染みのリズムに乗せて、くろごちゃんが踊る。太鼓のリズムは徐々に速くなり、曲調も激しさを増す。くろごちゃんは右手を三方、左手を塗三方(漆塗りした三方)に持ち替えて、ひらひらと舞う。

   最後は

「Pen-Nurisampo-Sampo-Pen」

の掛け声で、バシッと動きを止めた。

   この動画は、国立劇場が公式YouTubeアカウントを立ち上げた翌日の17年1月13日に投稿された。

   週末にかけてじわじわ人気を集め、ツイッターなどで

「なにやってんのwww」
「ピコ太郎、影響及ぼし過ぎ!」
「演奏がとてもすごい」

   と話題を集めた。15日、さまざまなメディアに取り上げられたこともあって、再生数が急増している。15日18時現在、およそ27万4000回だ。

   一体、なぜこんな動画を投稿したのか。国立劇場は、動画の説明書き部分で「邦楽、伝統芸能の普及に一役買えればという思いです」とその意図を明かしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中