NHK山形記者、強姦致傷容疑で逮捕 本人「分かりません」

印刷

   山形県内に住む女性宅に侵入して性的暴行を加えたとして、山形県警は2017年2月6日午前、NHK山形放送局酒田報道室の記者・弦本(つるもと)康孝容疑者(28)を強姦致傷と住居侵入の疑いで逮捕した。

   J-CASTニュースの取材に応じた山形県警広報相談課の担当者によると、弦本容疑者は「分かりません」などと容疑を否認しているという。

  • NHK記者が強姦致傷などの容疑で逮捕(画像はNHK山形放送局)
    NHK記者が強姦致傷などの容疑で逮捕(画像はNHK山形放送局)

NHKも13時のニュースで報道

   山形県警によれば、弦本容疑者は昨16年2月23日午前5時頃、同県村山地方にある20代女性の家に侵入。女性に性的暴行を加え、2週間のけがを負わせた疑いが持たれている。弦本容疑者と女性は面識が無かったという。

   NHKは同日13時のニュースの2番目の項目で弦本容疑者の逮捕を取り上げた。その中で、弦本容疑者の経歴について、2011年にNHKに入社し、15年に山形放送局に異動したと説明。「事件当日は仕事を休んでいた」とも伝えた。

   NHKは記者の強姦致傷容疑での逮捕を受け、

「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者の皆さまや関係者に深くお詫びいたします。事実関係を調べたうえで、厳しく対処します」

とのコメントを発表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中