ショー・コスギ「息子は卑怯だ」と怒りぶちまける

印刷

   2週連続SPのラストを飾る当夜に花を添えるようにして、とある慶事が発表された。放蕩借金漬けニートこと見栄晴がOLとの5年越しの交際を実らせ、入籍したのだ。

   当コラム既報のとおり、細木数子大先生の予言によれば、「こんな男が結婚できるはずない!」のであったが、その数週間後、見事に結婚と相成った。番組スタッフのリサーチ不足と不誠実な見栄晴のせいで、細木センセイのメンツが丸つぶれだ。


ショー・コスギは、大殺界を背負って出た息子・ケインのおかげで命を救われ、これから花が咲く

   でも、「占いは当たるか外れるかじゃないんだ!」と開き直る!?カズちゃんの耳には念仏かもしれない。今日も絶好調のセンセイ、女子校を訪問して卒業する生徒たちに運命論とジェンダー肯定論を説き、TK宅を訪問しては冷蔵庫をあさり、ロデオボーイに興じる。10時過ぎになって、やっと「運命のカルテ」は始まった。

   開口一番、「親父です」と言ったのは、2月に出演したケイン・コスギの父親、ショー・コスギ。ハリウッドのB級映画で“不正確な”NINJA像を広めた張本人だ。「忍者ポリス」がいたら、たぶん認定はもらえないだろう。

   ――で、番組的に見所はふたつ。息子ケインを勘当した真相と、和解があるのかどうか、である。


   「これが最初で最後」と断った父親が“この番組だけに”明かしたウワサの真相は――やはり独立問題。もともと父親の事務所で手塩にかけて、金もかけて育てたケイン、売れ出すと独立を言い出す。父親は快く送り出した。ところが、ケインはショー事務所の人間を引き抜いてしまったらしい。「義理を欠く」「卑怯だ」「後ろから刺されたようなもの」と父親は怒りをぶちまける。


   ここまで静かだった細木センセ、ようやく喋りだし、親子和解の道しるべとなるべく暗躍、いや活躍する。そのために飛び出した論法が「ショー・コスギは息子に命を救われた」。4年前、宿命大殺界のショーは死に至る運命にあった。ところが、その悪いモノをケインが背負って出たおかげで、命が助かったのだそうだ。

   裏切りのジューダスが「じつは親孝行な息子だったのよ」と急に言われても納得する人は少ないだろう。父親は頷いて聞いていたが、目には不信感がにじんでいるようだった。最後にセンセイは「わたしの切なる願い、(ケインを)助けてやんなさい」と下手に出た。それでも頑固親父は首を縦に振らない。ケインが心から謝れば許すとしたものの、言質は取らせなかった。

   「もうちょっと柔軟になってほしいね。どう?」と大先生がスタジオの観客に語りかけると拍手が起きた。「センセイの勝ちね」と笑い、一方的な勝利宣言でしゅうりょ~う。

   えっ、ケインが出てきて握手するシーンが見られるものと思ってた? いつかこの番組で見られるのではないでしょうか。もうちょっと引っ張らないとね…。

   さて、来週の細木数子は…河村隆一、らしい。ただし、「近日大公開」と言っていたから来週とは限らないので、もし違っていてもお許しください。

大予言の的中確率50% 曇

   使用上の注意:これは方便としての占い、モノは考えようだという人生訓なので、頭から信じ込んだり、めくじらたてないでください。

※この確率はJ-CASTテレビウォッチの独断と偏見によるものです。
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中