「お金と安全どちらを大切にする会社?」新潟県知事に突っ込まれた東電険し「原発再稼働」

印刷

   「おたくの会社はお金と安全、どちらを大切にする会社ですか」と聞かれ、「お金です」と答える社長はいないだろう。東京電力の広瀬直己社長は新潟県の泉田裕彦知事からきのう25日(2013年9月)に改めてそう聞かれ、「当然、安全です」と答えた。柏崎刈羽原発6、7号機の1日でも早い再稼働を目指している東電は、追加の安全対策を示して再稼働申請への理解を求めたが、知事は「預かる」として回答を留保した。「安全です」といっても、そう簡単には信じてもらえないのが、今の東電の置かれた立場だ。

物別れから2か月半…フィルター付きベント設置は評価

   会談は2か月半ぶりで、前回の7月5日の会談では泉田が矢継ぎ早に質問し、途中で広瀬の発言を遮る場面もあり、最後は「どうぞお引き取り下さい」と言い渡すなど、とげとげしい雰囲気で物別れに終わった。それに比べ、きのうは安全対策としてフィルター付きベントを追加するという広瀬の提案に耳を傾け、前回は拒んだ東電の文書も受け取った。

   司会役の井上貴博アナウンサー「きのうの会談は40分でした。前回と比べてどうでしたか」

   北川正恭(早稲田大学大学院教授)は「少しは前進したんだと思いますが、泉田知事は非常に頑固なひとです。原発の問題については自分自身がかなり専門家なので、この先どうなるか、まだわからないと思いますよ」と語る。金井辰樹(東京新聞・中日新聞政治部次長)も「少しは接点が見えてきた。知事はフィルターベントの追加など新たな安全対策をある程度評価しているが、フィルターベントは原子炉の格納容器内のガス抜きをするというもので、一定程度の放射性物質が空気中に拡散する可能性があるので、近隣の住民に健康被害が出るおそれがある。知事はそこのところの安全対策を懸念しているのだと思います」と指摘する。

焦る東電!「柏崎刈羽原発」再稼働を前提に銀行から融資

   北川が泉田の立場を説明する。「県民の生命財産を守る知事として、避難経路の問題とか、具体的な対策を見逃すわけにはいかないということです。また全体を統括する立場から、経済問題を含め地域の責任者としての責任を全うしようとしているんじゃないでしょうか」

   東電は知事の了解を得たうえで、原子力規制委員会へ安全審査を申請する方針だ。会談を終えて広瀬は「(安全審査申請の)事前了解のお願いをさせていただいたわけですから、了解をいただいて申請をさせていただきたい」と期待をにじませたが、泉田は「きょうのやり取りを聞いてもなるほどとは思えない」ともいっている。規制委の審査を通っても実際の再稼働には地元の同意が必要で、ボールは知事の手中にある。

   東電は柏崎刈羽原発の再稼働を前提にした事業計画で銀行から金を借りている。その一部の借り換えが10月に迫っていて、12月には新たに3000億円を借りなければならない。焦りの色を隠せない。

文   一ツ石
インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中