トンデモ大学253校に文科省が改善・是正要請!講義内容が中学・高校レベル

印刷

   文部科学省はきのう19日(2015年2月)、新設の大学・学部の運営状況調査の結果を発表し、253校に是正や改善を求めた。是正を求められた大学のなかには、入試方法が不明確、講義内容が中学や高校レベルというものまであったというからあきれる。読売新聞の記事を朝刊コーナーで紹介した。

合否基準はっきりしない入試制度―学校と志願学生が合意すればOK

   調査対象は、まだ卒業生が出ていない新設の大学や学部のある502校で、14年度の今回から改善要求だけでなく是正意見がつけられた。いくつかの実例がでている。

選択の行き過ぎ

   太成学院大には「アグリーメント入試」という制度があり、大学と学生が面談で合意すれば入学を許可していた。文科省は「どのように合否を決定しているかが不明」として、改善意見をつけた。千葉科学大の「英語1」「基礎数学」、つくば国際大の「物理」「化学」「生物」は、大学水準の教育内容ではないとして是正を求めた。

   この他にも、北翔大大学院は募集要項に「可能な限り受け入れる」と明記し、適切な選抜が行われていない印象を与える。帝京大の福岡医療技術学部の一部学科は成績評価や指導方法のばらつきの改善が不十分。岐阜保健短期大の看護学科は昨年度末に教員の約5割が退職しており、教育の質の担保に務めるべしなどとなっている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中