堀江貴文「ジャパネットたかたに社会的意義なし。ネットの方が安い。要らないものを口八丁で買わせてるだけ」

印刷

   堀江貴文(43)は通信販売会社「ジャパネットたかた」を社会的意義がないなどと批判した。12月17日(2015年)のツイッターへの投稿だ。「高田社長がユニークなのは認めますが、ジャパネットの社会的意義はあるとは言えませんね。ネット通販のほうが安いし、買う必要もないものを口八丁手八丁で買わせてるだけとしか見えません」

   ユーザーからは多くのリプライが寄せられた。「ネットにつながっていないテレビだけのおばあちゃんくらいだな」「完全同意。バナナの『たたき売り商法』と同一である」

   反論もある。「商売なんて少なからずそういうところあるだろう」「ジャパネットのが高いのは確かにそうですがネット環境が無いところもありますからね。そういう意味では社会的意義はあるかと」「楽しんでショッピング出来ればそれはそれで良いのかもですよ」

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中