「万引きしたから推薦できない」中学3年自殺!誤記資料で担任が進路指導

印刷

   広島県府中町立府中緑ヶ丘中学校で3年生の男子生徒(15)が昨年12月(2015年)、学校の間違った万引き記録をもとに志望高校へ「推薦できない」と伝えられ、三者面談の日に自殺した。8日(2016年3月)夜に行われた保護者説明会に担任教員は体調不良を理由に欠席した。

データの間違い指摘されてたのに修正せず

   中学校は別の生徒の万引きを自殺した男子生徒の万引きと間違ってデータに記録し、生徒指導会議で間違いが指摘されたが、データの修正をせずそのまま放置していた。昨年11月から年末にかけ担任教員がこの間違った万引き記録をもとに進路指導をした際、男子生徒の第1、第2志望だった私立高校への校長推薦が難しいことを伝えた。担任教員は男子生徒から「万引きを否定する発言はなかった」と話しているという。

   担任教員は12月8日、男子生徒の親を入れた三者面談で万引きが原因で推薦が難しいことを告げる予定していたが、男子生徒は現れなかった。担任教員と親だけで面談を行ったが、男子生徒はそのとき自宅で自殺していた。

   「あさチャン!」はこの事件をニュース担当のアナウンサーが原稿を読み上げて簡単に伝えただけだった。たんなる学校のミスでは済まない問題を含んでいる。きちっと取材をして踏み込んで伝えて欲しかった。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中