小保方晴子「激やせ」?瀬戸内寂聴先生にお会いするため4キロ太りました

印刷

   STAP細胞の小保方晴子さんが、きょう24日(2016年5月)発売の婦人公論6月14日号)で、作家の瀬戸内寂聴さんと対談している。見出しは「小保方さん、あなたは必ず甦ります」という寂聴さんの言葉。騒動から2年、初めての写真は心持ち痩せたような印象だ。

   小保方さんは「STAP細胞はあります」と断言したおととし(2014年)4月の会見後は公の場に姿を見せていない。検証実験でもSTAP細胞は確認できず、理化学研究所の調査で論文の改ざん・意図的な不正と断罪され退職し、早稲田大からは博士号を取り消された。ただ、今年はじめに出版した手記「あの日」はベストセラーになった。

京都の「寂庵」で対談。白いワンピースでツーショット写真

   対談は寂聴さんの呼びかけに小保方さんが応えたものだという。先月、寂聴さんの京都の住まい「寂庵」で会った。小保方さんは「この2年間、うつ病の治療で通院する以外はほとんど外出することができず、書店にも一度も行っていなくて、売れたという実感は全くないのです」「この2年間、本当に命が尽きると感じていました」という。

博士号ないと

   対談の日は雨が降っていた。「私には恵みの雨。(寂聴)先生に安全に会いにいけるよう、神様が降らせてくれたのかも」と話している。傘で顔が隠せるからだ。「先生にお会いするために、食べなくちゃと思うようになって、体重も4キロ戻りました」。寂庵の庭で寂聴さんに腕を取られて立つ白いワンピース姿はほっそりしていた。

   対談でSTAP細胞には触れず、「私は忘れようとしていたのですよ。記憶をどこかに捨ててしまいたいと。でも、私はこの記憶とともに生きていくのですね」と語っている。「この先、辛い経験をして、味方がいないと思っている人の気持ちに寄り添えるようでいたい」ともいう。

   「アメリカやドイツなど不思議と海外の研究機関からはお誘いの手紙が来るのです」とも言っている。

海外では新たなSTAP現象の報告

   ウェンツ瑛士(タレント)「何が本当なのかわからない。研究で返していくのが筋じゃないか」

   湯山玲子(著述家)「この対談は、寂聴さんのストーリーがあって、小保方さんはそれに答えているという感じ。仏教的な慈悲から手を差し伸べたということですかね」

   司会の加藤浩次「博士号がないと研究者としての復帰は難しいでしょうね」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「日本でも海外でも博士号が出発点みたいなものですからね。寂聴さんは救いの手を差し伸べているが、小保方さんは科学者と見るべき。最近、STAP現象が海外から報告されていますが、小保方さんの方法とは別物です。対談では『バトンがつながる』と言っていますが、それは違うんじゃないかな」

   まだまだ小保方さんに向けられる目は厳しいということか。一番汚いのは使い捨てにした理研だと思うんだけどな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中