栗城史多「ここで秋季エベレストの登山を終えたいと思います」6度目も登頂ならず

印刷

   登山家の栗城史多は10月14日(2016年)、9月から挑んでいたエベレスト登山を断念するとフェイスブックで発表した。「残念ながらここで秋季エベレストの登山を終えたいと思います。応援して下さった皆様には、本当に本当に申し訳なく、また支えて下さった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです」

   11日には「先週、7400mまで上がった」と報告していたが、天気予報によると風速25メートル以上の偏西風が続くので諦めたという。初挑戦の2009年から足かけ8年。6度目の挑戦だったが今回も失敗に終わった。

   登山家の野口健はツイッターで、「お疲れ様でした。この敗退を次にどう繋げるのか、大切なのはこれからだと思います。このままのスタイルで本当にいいのか、それとも違うスタイルで挑むのか。栗城さんは欲張り。何か一つ捨てないといけないんじゃないかな?と老婆心ながら感じています」と一声かけていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中