「鬼平犯科帳」見納め・・・「2夜連続スペシャル」時代劇ファンは外せないぞ

印刷

   時代劇ファンを魅了してきたフジテレビ系の中村吉右衛門の「鬼平犯科帳」がとうとう2日、3日(2016年12月)の2夜連続スペシャルで終わる。密偵のおまさ(梶芽衣子)、伊三次(三浦浩一)、五郎蔵(綿引勝彦)、うさぎの木村忠吾(尾美としのり)、酒井祐助(勝野洋)らのレギュラーに加え、ファイナルということでゲストに中村嘉葎雄、尾上菊之助、橋爪功と賑やかに顔をそろえる。

   前編の「五年後の客」は盗賊が狙う旅籠の女将が過去に遊郭にいた秘密につけ込まれ、鬼平が彼女の窮状を救い、一味をひっとらえる話だ。その探索に出かけた与力・同心が次々と剣の使い手に襲われ、その剣豪をめぐる物語が後編の「雲竜剣」につながっていく。

   最近は吉右衛門も寄る年波には勝てず、華麗な殺陣が見られなくなっているのだが、最後の「火盗改方、長谷川平蔵であ~る」という見栄と鮮やかなチャンバラを期待したい。(テレビウォッチ編集部

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中