「〇〇菌」原発避難児童からかい教師 母親への説明もデタラメ!「キングという意味だ」

印刷

   新潟市の小学校で、福島原発事故で避難している4年生の男児を「〇〇菌」とからかった担任教師は、母親の相談にもウソをついていた。被害児童はそれまでにも消しゴムや鉛筆が紛失することが頻繁に起きていた。消しゴムは今年に入って20個ほどなくなったという。

   このため男子児童は11月17日に担任教諭に相談したところ、その5日後に保護者への連絡帳を手渡すときに、なんとその教師から「はい、○○菌さん」とからかわれたのだ。それをきっかけに、それまではいじめを受けたことがない仲のいい友だちからも「○○菌、○○菌」と言われるようになったという。

   思い余った母親が教諭に説明を求めたところ、「絶対に言っていない」と否定したので子供に確認したが、間違いないということで再度、担任に連絡を取った。すると、「○○キングというニュアンスで言ったかもしれない。○○菌とは絶対に言っていない」と抗弁した。

被害児童「いじめは我慢できても、あの先生は嫌」

   学校側は担任が「○○菌」と発言したことを認めたが、児童は「同級生のいじめは我慢できるが、担任の先生がいる学校は行きたくない」と登校していない。母親は「夫は被災地で、私は新潟で子育て。いじめ程度で負けられないし、学校で頑張るよう行かせていたし、努力もしてきました。普通に学校に行って普通に勉強できればいいと。その普通がいま一番難しいです」と訴える。

差別と蔑視

   司会の羽鳥慎一「○○菌と先生に言われたら学校に行きたくないですよね」

   住田裕子(弁護士)「(担任側に)まだいくつか問題があります。まず上に報告していないこと、子どもや両親に対し本当のことを言わず、二転三転して、○○キングのニュアンスだったとウソを言ってごまかしたこと。謝罪する意志などまったくないと取らざるを得ないですよ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「単なるいじめの話ではないですよ。背景に原発で避難している人たちに対する差別があり大きな問題だと思います」

   横浜市でも原発事故で避難している今は中学生の児童に同じようないじめがあった。おそらく全国で起きているということだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中