女児虐待で逮捕された「馬鹿ップル」 28歳女と高3男子の異常な日常

印刷

   28歳のシングルマザーと10歳年下の高校3年の男子生徒(18)が4歳と3歳の女児を殴りケガを負わせたとして3日(2017年2月)、傷害の疑いで茨城県警に逮捕された。真冬の屋外に女児を下着1枚で放置したこともあるというこのカップルの言い分は常軌を逸していた。

   逮捕されたのは茨城県ひたちなか市の今村智絵容疑者と県立高校に通う男子生徒。県警によると、昨年(2016年)12月に今村容疑者と男子生徒が、今村容疑者の4歳と3歳の娘に暴行を加え、全治約2週間のケガを負わせた疑い。

   ところが番組で取材を進めると虐待の事実がほかにも出てきた。

   今村容疑者は数年前に離婚し、飲食店で働きながら2人の女児を育てていた。昨年夏ごろから今村容疑者の自宅に男子生徒が頻繁に出入りするのを近所の人に目撃されている。

   今村容疑者の母親によると、男子生徒と知り合ったのはネットの出会い系サイトなどではなく、「たまたまであった」らしい。

母親の反対押し切って交際始めた女

   交際を始めるにあたって母親と今村容疑者はこんなやり取りをしていたという。「私が、それ高校生なの?って聞いたら『そうなんだよね』というんで、それ普通に考えてまずいでしょうと反対したら『そうなんだよね~』『でもね~』と言いながら交際をスタートさせた」という。

   母親はもっと厳しくしかり止めさせるべきだったように思えるが、28歳の大人ではそうもいかなかったのかもしれない。異変が起きたのは昨年12月初旬。近所の人の話によると次のようなことがあった。

虐待指摘され、逆ギレして説教した女

「夜中に子どもの泣き声が聞こえたので心配になり見に行ったら、すると今村容疑者の玄関で、女の子がギャーギャー泣きながら下着一枚で玄関の戸をどんどん叩き『助けて』って。真冬の屋外ですからもう尋常じゃなかった」
「そのあと男が出て来て『早く入れよ』って胸倉掴んで引きずって行った。虐待ですよねって言ったら、男は『どこが虐待なんだ。なにを知ってそんなこと言ってんだ』とすごく怒ってましたね。そこへ今村容疑者が駆けつけ『何んなんだ。シングルマザーの大変さ分かってんの?』とすごかったです。30分間説教ですから」。

   取り調べに男子生徒は「殴ったことは間違いないけどケガについてはわかりません」と容疑の一部を否認。一方、「私は叩いていません」と容疑を否認しているという今村容疑者は、母親に「止めることは出来たよね?」と質されたら「できなかった」と話したという。

   梅津弥英子アナは「保育園がきちんと通報するとか、近所の人がきちんと声をかけることがすごく大事です。家庭内部の虐待は外になかなか出てこないですから」。もっともな指摘だが、結婚、出産の意味をあまり考えず、「シングルマザーの大変さ分かっての?」と開き直るような女が多いのも問題。虐待の多くはそこらからきている。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中