2019年 7月 24日 (水)

ドロップシッピング おいしいビジネスか

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   新しいネット販売ビジネスとして、「ドロップシッピング」が注目を集めている。アメリカではアマゾンや、専門業者のカフェプレスなどがこのシステムを手がけ、成功しているという。日本でもドロップシッピングに参入する企業が現れ、代理店の募集が始まった。在庫なしで、手間がかからず、儲かる、という触れ込みだが、本当に「おいしいビジネス」なのだろうか?

06年秋にドロップシッピングサービスが日本に本格上陸

米国では有名なドロップシッピングの専門業者カフェプレス。日本でも参入企業続々
米国では有名なドロップシッピングの専門業者カフェプレス。日本でも参入企業続々

   「ドロップシッピング(Drop Shipping)」は、日本語に訳すと「直送」のことで、サイトの運営者が在庫を持たずに商品を販売する方法のこと。商品管理などは、「ドロップシッピング」の業者(支援企業)が行う。サイトに注文が入ると、支援企業が商品の仕入れ、発送、代金決済などを代行し、商品を直接購入者に発送するシステムだ。サイト運営者は在庫リスクを負わずに商品を売ることができる。
   最近になってこのドロップシッピングに本格的に乗り出す企業が出てきた。2005年11月、サイバーコミュニケーションズがドロップシッピングを導入。06年5月16日には、リアルコミュニケーションズが、アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」を運営しているファンコミュニケーションズと業務提携を行い、日本最大規模のドロップシッピングサービスが06年秋には本格的に始まる予定だ。各社とも、ドロップシッピングに対する反響はかなり大きいという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中