2019年 1月 23日 (水)

子猫殺し坂東眞砂子さん ポリネシア政府ついに告訴

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日経新聞に掲載されたエッセイ「子猫殺し」を執筆した作家・坂東眞砂子さんを、ポリネシア政府が告訴することが明らかになった。坂東さんが06年8月18日付け同紙で「子猫殺し」を告白したことに端を発する一連の騒動は、結局、坂東さんが法的責任を法廷で追及されることになった。

   仏領ポリネシア政府は06年9月13日の閣議で、坂東さんに賠償金を請求するとともに告訴することを決定した、と発表した。ポリネシア(タヒチ)に住む坂東さんの「子猫殺し」での発言を受けたもの。同政府は次のような声明を発表している(抜粋)。

政府は愛玩動物に対する虐待行為を断罪する

告訴を伝えるポリネシア政府HP。「子猫殺し」騒動は政府の告訴という異例の事態を招いた
告訴を伝えるポリネシア政府HP。「子猫殺し」騒動は政府の告訴という異例の事態を招いた
「(坂東さんの行為に対して)愛玩動物、飼われている、もしくは捕獲された野生動物の保護に関する2001年2月1日に議決された第2001-16決議2条を想起するよう望む。それには、『飼われているもしくは捕獲された野生動物と同様に愛玩動物を虐待することを禁ずる』となっている。つまり、犬や猫は仏領ポリネシアで適用される条例によって保護されているものである。これらの措置に違反するものは、15万フレンチ・パシフィック・フラン(FCFP)(日本円にしておよそ19万5000円。06年9月25日現在)以下の罰金が科せられ、再犯の場合はその2倍の罰金が科せられる」

   この様な理由のもとに、さらに次のように同政府は述べている。

「政府はこの件について、愛玩動物に対するこうした虐待行為を断罪するとともに、この作家の発言と行為に対して遺憾の意を表する。よって、政府は賠償を命じるとともに、検事に従い告訴することを決定した」

   仏領ポリネシア政府は、坂東さんの行為を「虐待行為」とみなすとともに、その違法性によって告訴することになったというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中