モテる男の条件は 「女性にガツンとさわる」?

印刷

   エッセイストの酒井冬雪さんが日経BPネットで書いたコラム、「職場のモテ男になるコミュニケーション術」(第7回)での記述を巡り、2ちゃんねるでは「祭り」状態になっている。「(モテる男は女性社員に対し)ガバッと肩に手をまわしたり、ガツンとさわっている」などの部分に対し、「俺がやったら(セクハラで)通報されるぞw」といったカキコミがされ、騒然となっているのだ。

   このコラムが日経BPネットに掲載されたのは2006年11月2日。題名は「『モテる男』と『モテない男』は、どこが違う?」。
   文章の最初から反感を呼ぶ内容だ。「男性が100人いたとしたら、その中でモテる男性というのは5人くらい」「女性が100人いたとしたら、モテない女の子は5人くらいで(しかも、自分からわざわざ男子をさけている)」。

モテる男には共通点がある

「祭り」のきっかけになったコラム。「さわるときはガツンと」と提案している
「祭り」のきっかけになったコラム。「さわるときはガツンと」と提案している

   さらに、必ずしも「外見」だけがモテる理由ではなく、日常の言動が「モテ」を決めるのだと続く。モテる男には共通点があり、「マネをしてみるところから始めてほしい」と提案。その共通点がこれだ。

●何が根拠なのかは分からないが、自信満々である。
●同性である男よりも、女性の信頼を得ることを大切にしている。
●相性のよくない女性に冷たくされたり、意地悪くされてもあまり懲りない(気にしない)ようだ。
●「やさしいんだね」「○○○(海辺のリゾート地)にいっしょに行きたいよ」などと、誰にでも平気で言ったり、今どきキザっぽいところがある。
●体育会系で実はスポーツ万能であっても、外見はきわめて中性的である。また、足音がしない、ドアの開け閉めが静かなど、物音をあまり立てずに行動する。
●平気で女の子を怒ったりすることがある。
●「かわいいね」「髪、切ったの?」とフツウに口にしている。女の子には誰にでもチェックをいれているらしい。
●女の子の好きなキャラクターやマンガ、コンビニの限定お菓子などにやけに詳しかったりする。
●女の子のアタマをガシガシとなでたり、ガバッと肩に手をまわしたり、さわるときはガツンとさわっている。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中