2020年 7月 4日 (土)

ソフトバンクモバイル 「0円」の落とし穴

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)制による契約変更の受け付け業務を、10月28、29日の週末2日間停止するシステムトラブルを引き起こしたソフトバンクモバイル。その後、騒動は沈静化しているが、ソフトバンクの打ち出した「音声定額」(0円)の今後が、NTTドコモauの「三つ巴戦」のカギを握りそうだ。

   「新料金のポイントは、条件付きながら携帯電話で初めて音声通話に定額制を導入したことだ。ユーザーがこれをどう評価するかだ」と、総務省はソフトバンクの今後を注視している。月額9,600円(2007年1月15日までの加入なら2,880円)の定額料金を払えば、ソフトバンク間の通信料はいらないという料金プランを、ライバル社は「0円と言わずに、音声定額と言えばいいのに」と牽制する。

「社員同士の通話は無料」と法人営業も強化

ソフトバンクの「音声定額」の今後が注目される
ソフトバンクの「音声定額」の今後が注目される

   「通話料、メール代0円」とキャンペーンを仕掛けながら、準備不足で自らつまずいたソフトバンクと、下馬評通りの人気を集めたKDDI(au)、顧客が流出したNTTドコモ――というのが、MNP序盤戦の構図だ。
     携帯各社が06年11月8日に発表した10月の契約数調査によると、MNP制の利用状況(31日まで)では、KDDIが9万8千件の増加、NTTドコモが7万3千件の減、ソフトバンクは2万4千件の減だった。

   MNPのシステムトラブル騒動が沈静化し、ソフトバンクは、音声定額の損得を十分に検証したユーザーの支持拡大を期待。「社員同士の通話は無料(定額)」と法人営業も強化し、大量契約を狙う戦略をライバル社は警戒している。大手家電量販店に一括購入させたとの噂も流れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中