2023年 1月 29日 (日)

「ぬれ煎餅買って」 貧乏電鉄会社の悲痛

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

車両の修理費用がほとんど無い状態

   銚電はJ-CASTニュースの取材に答え、経営状態の厳しさをこう語った。

「車検切れに伴う鉄道車両の修理をしなければならないのですが、その費用がほとんど無い状態です。情けない話ですが、社員の給与の支払いにも支障が出てきそうで、それで緊急広告をしたわけです。なんとか『ぬれ煎餅』を買っていただいて支援してほしいんです」

   銚電は1923年に銚子~外川6.4㎞で営業を開始。運転回数は1日72本(36往復)で、1日約1,800人が利用する。所有する車両は6両だが、動くのは5両。「車検に伴う修理代は1両200万円ですが、古い車両のため、それ以上の費用になると思う」と話す。
   廃線にしようという話は何度も出たが、「運行の継続は諦めない」と踏ん張ってきた。銚電のホームページにはこんなことも書かれている。

「まだまだがんばりますので引き続きお買上お願いいたします」
「電車が大好きな従業員一同」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中