2019年 1月 22日 (火)

選挙応援でアッキー節炸裂 「会ったことないが、すばらしい人」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アッキーこと安倍晋三首相の奥さんの昭恵さんが、北九州市の市長選挙の応援に2007年1月28日に現地入りし約25分に渡り応援演説を行った。この日も候補者を「すばらしい人」と褒めた後で、「会ったことはないですけど…」と、付け加えるなど天然ボケ?風のアッキー節がさく裂した。

   アッキーが応援したのは自民、公明が推薦している柴田高博候補。市内2箇所の会場で合計4,000人の前で応援演説を行った。この選挙は民主党などが推薦している北橋健治候補が一歩リードしていると伝えられていた。

詰めかけた4,000人が爆笑

アッキーブログは、最近は頻繁に更新されているようだ
アッキーブログは、最近は頻繁に更新されているようだ

   アッキーは、出身がお隣の下関市で友人知人も多い。また、先の宮崎県知事選挙で東国原英夫さんが自民党推薦候補を破って当選。地方の首長選挙とはいえ同じ九州だから連続での敗北は許されない。そこで「最終兵器」としてアッキーに白羽の矢が立ったのだ。

   その演説はどんな具合だったか。各紙はこう報道している。

「候補者との面識はなく、『すばらしい人』と述べた後で『会ったことはないですけど…』と自らフォロー。詰めかけた4,000人の爆笑を誘った」(スポーツ報知07年1月28日付け)。

   同日付で日刊スポーツは「演説25分中17分自分の話題」という見出しを掲げ、

「地方選の応援で(地元の)下関を出るのは初めて。緊張しています。ほーんとに…」
「主人はかわいそうですが、私にはSPも運転手もいない(中略)。私は自由で良かった」
「違う人と結婚したら、こんな経験はできなかった。今は主人と結婚して良かったと感謝している」
「『 (安倍首相と)手をつながなければ何と言われるか、今度試してみたい』。ミーハーな発言に聴衆が沸くと、にっこり笑ってみせた」

   などと書いている。

   アッキーが「空気の読めない人」とマスコミやネット上で言われ出したのは、06年12月25日から始めたブログ「安倍昭恵のスマイルトーク」の内容から。クリスマスの日に著名人やセレブ達からもらったプレゼントを飾って自慢する一方、安倍首相には「おかゆ」を食べさせたことを書くなど、「天然だ」「勝ち組自慢か!?」などと指摘された。ネット上の掲示板などに非難のカキコミが増え、ブログ中止という噂も流れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中