2018年 7月 20日 (金)

取材テープで分かった 鳥越辞任の真相

印刷

   ニュースサイトやジャーナリストのブログを舞台に繰り広げられてきた「オーマイニュース」鳥越俊太郎編集長を巡る「辞任騒動」が、新たな局面を迎えた。「騒動」をスクープした記者が鳥越氏に「恫喝」されたことを写真週刊誌に暴露したほか、鳥越氏が辞任の意志を語る音声も公開された。それでも、「誤報」「事実無根」と強弁する鳥越氏とオーマイニュースは何を考えているのか。

   ニュースサイト「JANJAN」が2007年1月11日に初めて「辞任説」を報じ、オーマイニュースはこれを「事実無根」と完全否定。これを受けてJANJAN側は取材の際のやりとり(一問一答)を公開して反論したが、鳥越氏が動画メッセージで「これ(辞任報道)はウソです」と語るなど真相は藪の中だった。

音声を聞いてみると、「誤報」ではない

録音テープ公開後も沈黙を守ったままだ
録音テープ公開後も沈黙を守ったままだ

   そんな中、写真週刊誌「フラッシュ」2月27日号(首都圏では2月13日発売)に「告発!鳥越俊太郎『嘘と恫喝テープ』を独占公開」という記事が掲載された。執筆したのは、JANJANの記事を書いた増田美智子記者。オーマイニュースの反論を受けて鳥越氏に改めて取材した際に「訂正しないと僕はあなたを訴えるよ」と「恫喝」されたことなどを含め、今回の「騒動」の経緯を紹介した上で、鳥越編集長に取材した際の録音データが存在していることを明かしている。

   その上で、2月7日に改めて増田記者が鳥越氏を直撃取材、録音データの存在を伝えたところ、以下の答えが返ってきたのだという。

「入院中で、トイレの中で電話を受け、手術直前だったため、上の空で『ハイハイ』と言っていただけ」
「こちらの状況を確認しないあなたが悪い。あなたの誘導尋問にうまく騙されたのだ」

   2月13日、増田記者に「辞任説」の情報を提供したフリージャーナリストの寺澤有さんのブログに、この取材の様子を録音した音声ファイルと、内容の一言一句を文字に起こししたものが公開され、状況は変わりつつある。実際に音声を聞いてみると、鳥越氏と思われる男性の声が明瞭に録音されている。落ち着いた様子での受け答えで、「上の空」ではない印象だ。しかも、

「ただしボクは、ちゃんとした人を推薦をして、そのインタビュー、面会、あの、面接もちゃんと、ボクが立ち会ってしてますから」

   と、後任の人選を進めていることを明言している。辞任は既定路線で、少なくともこの時点で「辞任は『事実無根』」ではないことは明白だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中