2019年 4月 22日 (月)

「ヌルヌル」秋山騒動収束せず 「追及」サイト登場、スポンサー撤退

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2006年大晦日の「K-1 Dynamite!!」で体にクリームを塗っていたとして無期限出場停止処分を受けた秋山成勲選手をめぐって、現在に至ってもネット上で騒動が続いている。動画投稿サイトに投稿された「疑惑の試合」映像の閲覧数も計60万を超え、さらには秋山を追及するサイトまで登場、ファンの不満はいまだにくすぶり続けている。そして、その影響は、スポンサー企業にまで及び始めている。

追及サイトはニュースサイト並みの充実振り

秋山を追及するサイト「すっごい滑るよ!」はかなりの充実振り
秋山を追及するサイト「すっごい滑るよ!」はかなりの充実振り

   秋山を追及するサイト「すっごい滑るよ!」では、「問題の試合」の検証やその後のメディアの報道を詳細にまとめているほか、秋山の最新の動向までも報じており、半ばニュースサイト並みの充実振りだ。

   例えば、「不正クリーム故意疑惑」のコンテンツでは、運営者の発表資料で秋山が使用したとされる保湿クリームのパッケージ画像や、その成分一覧を掲載し、

「『ワンセリン』と明記されていますが…。周りに格闘技経験者がたくさんいる状況でローションを塗っていたとしたら、誰も注意をしないということはありえない。注意をしないとするならば、計画的、つまり『故意』ということではないでしょうか」

   などと「検証」している。

   さらに、動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)やGoogle Video(グーグルビデオ)などに投稿された動画が同サイトに表示され、「問題の試合」の動画のほか、サブレフリーがサムライTVの番組で「因果応報。神様は見てます!真実は神様が知ってます」と発言した動画、秋山のさまざまな「疑惑」を検証する動画などが閲覧できるようになっている。
   なかでも、「問題の試合」についての動画は同サイトに9つ表示されており、合計の閲覧数は60万を超えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中