2021年 9月 22日 (水)

「週刊ゴング」「ゆびとま」 イメージダウンの深刻度 

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「プロレスに対する姿勢を信じて頂くしかありません」

   一方、日本スポーツ出版社は2007年2月19日に、前田容疑者の解任を発表。さらに、

「株式会社日本スポーツ出版社としての関与を警察当局より追及され捜査を受けましたが、弊社が関与した事実はありませんでした。しかし、弊社の代表取締役であったことは事実でありますし、読者の皆様ならびに関係者の皆様の信頼を裏切る結果となったことは、慙愧に堪えません。深くお詫び申し上げます」

   とイメージダウンが避けられない苦境を発表のなかで吐露した。さらに、07年2月21日発売の「週刊ゴング」(同社発行)でも

「これが業界のイメージダウンにつながってしまったら胸が痛む限り。正直、本誌スタッフとしても困惑するばかりです。いま言えることは、これまでとこれからの週刊ゴングのプロレスに対する姿勢を信じて頂くしかありません。よろしくお願いいたします」

   とのことばが編集後記に綴られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中