足利銀行の受け皿「外資系はやめて」 栃木県選出の国会議員

印刷

   船田元、森山真弓(いずれも自民党)、簗瀬進(民主党)ら、衆参、与野党の垣根を越えた栃木県選出の国会議員12人は2007年2月26日、山本有二金融担当相に、一時国有化中の足利銀行の受け皿に関する要望書を提出し、経営権を取得した後に短期間に売り抜ける利益を上げることを目的とした外資系ファンドが主導する受け皿候補の排除や、銀行員の継続雇用を求める要望書を手渡した。 ... ...
[記事に戻る]

001
wyvern 2007/2/27 22:48

ということはだ,足利銀行の受け皿が外資系でないほうが,国会議員にとっては,とーーーーーっても美味しいということだな.

002
匿名 2008/6/10 16:41

ハゲタカの餌食になるだけというのも解る気がする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中