2019年 1月 22日 (火)

夕刊フジの写真取り違え でも「お詫び記事出さないで」?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   市民記者によるニュースサイト「PJニュース」が、夕刊フジにかみついている。ベネッセコーポレーション社長が不倫報道で失脚したことを報じる夕刊フジに掲載された写真が社長と別人だったことを指摘したもので、フジも誤りを認めている。ただ、訂正・お詫び記事はなく、夕刊フジ側は「(お詫びを)出さないでもらいたいという依頼が来て止めた」と、不思議な説明をしているという。

   「PJニュース」は、2007年3月8日、「『夕刊フジ』また誤報=ベネッセ前社長の顔写真が別人だった!」という見出しの記事を配信した。見出し中にある「また誤報」とは、07年1月末、ライブドアの社員で構成する「ライブドア・ニュース」の廃止が決まったことを、あたかもPJニュースが廃止されるかのように報じたことを指す。PJニュース側は「捏造」と猛反発、夕刊フジ側が謝罪する形で決着した、という経緯がある。

ベネッセは依頼の「事実なし」

「C版」には正しい写真が掲載されていた
「C版」には正しい写真が掲載されていた

   PJニュースの記事は、夕刊フジが2月23日付け(22日発行)の「AB統合版」に掲載した記事で、ベネッセコーポレーションの森本昌義社長が不倫騒動を受けて辞任に追い込まれたことを報じた際、全く別人の写真を掲載してしまった、という内容。夕刊フジは同ニュースの取材に対してミスを認め、C版では正しい写真に差し替えたことを明らかにしたという。新聞社が人物の写真を間違えるなどのミスをした際には、訂正・お詫び記事を出すことが多いが、今回の件ではそのような記事は出ていない。その経緯について、夕刊フジからは、このような答えが返ってきたのだという。

「お詫び記事を出そうとしたんですが、出さないでもらいたいという依頼が来て止めたんです」

   記事中では、誰が夕刊フジに「出さないでもらいたい」という依頼をしたのかは不明だが、「記事を出さないで欲しい」と発言する可能性が一番高いのは、ベネッセだと考えるのが自然だ。ところが、同社の広報・IR部では、J-CASTニュースの取材に対して、

「そのような(お詫びを出さないように要請したという)事実はありません。そもそも、全然コンタクトは取らせていただいておりません」

と、お詫び記事を出すかどうか以前に、夕刊フジに抗議してすらいない、と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中