2019年 1月 21日 (月)

超プッツン発言連発 失笑かう黒川紀章氏

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都知事選は告示を間近に控え、一通り役者がそろった。そんな中でも、石原知事の「親友」の黒川紀章氏は「社会主義的な思想を広めたい」「投票日はパリにいる」と言った浮世離れした発言を続けており、スポーツ紙や夕刊紙に格好の「ネタ」を提供している。

   現職の石原慎太郎氏浅野史郎氏との一騎打ちが有力視される中、共産党が推薦する吉田万三氏も出馬を表明、さらに3月18日から19日にかけてタレントの桜金造氏と発明家のドクター中松こと中松義郎氏が相次いで出馬の意向を表明、役者は出そろった格好だ。

後方部分がガラス張りの選挙カーをすでに発注

一連の発言が、夕刊紙やスポーツ紙のネタにされている
一連の発言が、夕刊紙やスポーツ紙のネタにされている

   その中でも、特に異彩を放っているのが、建築家の黒川紀章氏。2月22日の出馬表明の会見では「都庁を民間に売却する」などのユニークな公約を発表しつつ、こんなエキセントリックとも取れる発言が続いた。

「ボクは政治家にはならない」
「ホクは、いまだに社会主義に対する幻影がある。具体的に支援しているのは、中国。ロシアは本気で亡命しようとしたこともあったけど、ちょっと良くないな」

   2月24日付けの「日刊ゲンダイ」によると、会見に参加した報道陣からは「世界的建築家なのに支離滅裂」と、失笑が絶えなかったという。

   3月3日に行われた建築や都市計画に関するシンポジウムでは「私は都知事はいらないと思うんです」と発言、周囲を驚かせた。3月15日に開かれた公開討論会でも、まちづくりについて話を振られると、

「霞が関を首都移転で空洞にし、議員宿舎並みの(低)価格で入れる庶民住宅を造る」

というアイディアを披露、それに対して石原氏は

「言うことが理解できず、トンチンカン」

と、あきれてしまった。

   さらに、翌3月16日の「スポーツ報知」によると、黒川氏陣営では後方部分がガラス張りの選挙カーをすでに発注しているほか、自ら所有する船を操縦しながら神田川で名曲『神田川』を熱唱し、選挙最終日には飛行船から大量の桜吹雪をまく、といった選挙活動を計画しているという。「陸・海・空」をすべて制覇するという壮大なプロジェクトだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中