ジーコ暴露「腐ったミカン」 日本代表のだれだ?!

印刷

   ジーコ前サッカー日本代表監督が2006年ワールドカップの日本代表の選手について「腐ったミカン」などと評したことが波紋を呼んでいる。「腐ったミカン」とは、もちろん周りに悪影響を与える人物のこと。ネット上でも、この「腐ったミカン」は誰だったのかといった議論で盛り上がりを見せている。

「腐ったミカンは、周りにも悪影響を及ぼす」

「週刊ポスト」でジーコが語った「腐ったミカン」とは誰のことなのか
「週刊ポスト」でジーコが語った「腐ったミカン」とは誰のことなのか

   話題になっているのは週刊ポスト(2007年3月30日号)に掲載されたインタビュー記事。ジーコ前監督は06年W杯の日本代表について赤裸々に語り、「小野は2度も骨折している」など日本選手のフィジカル面の弱さを指摘。さらに、W杯初戦のオーストラリア戦で、リードしていたにもかかわらず、終盤で立て続けに3失点したことを挙げ、「(日本は)安定性がない」と評価した後、記者と次のようなやり取りをしている。

   ――日本の悪癖を治すためには、選手自身がピッチの中で考える必要がある。だから、あなたは選手に自主性を求め、試合の流れを読むことを要求した。しかし、その試みは成功しなかった。

   そう認めざるを得ない。もう一つ、残念なことがあった。W杯では、ベンチを含めた23人全員が試合に集中していたわけではなかった。W杯の舞台で活躍して、さらなる成功をつかもうとしている選手の中に、選ばれるだけで満足している選手や、使わないとモチベーションを下げる選手がいた。チームの中に腐ったミカンがあるようなものだ。腐ったミカンは、周りにも悪影響を及ぼす。僕は、そうした選手を個別に呼んで話をした。でもダメだった。日本に帰したい選手がいても、制度上、どうにもならなかったんだ。

   W杯敗退時には、チームの不和や団結力のなさがマスコミなどによって指摘された。当時の指揮官が指弾するこの「腐ったミカン」が誰だったのか、ネット上では様々な憶測が飛んでいるが、最も多く名前が挙がっているのは意外な選手だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中